So-net無料ブログ作成
検索選択

(2014-1)ドラマ期待度ランキング [ドラマプレビュー]

あけましておめでとうございます。お正月休み、いかがお過ごしでしょうか。
私は年末は『スケート靴の約束』(テレビ愛知)にほろっと来て、年始は『眠りの森』(TBS)で心揺さぶられました。
そして元旦から映画2本をはしごして、早速今年もいいドラマ、いい映画を物色中といったところです。
2014年もテレビドラマの期待度ランキングでブログ始めとさせていただきます。本年もよろしくお願いします。

 ★★★:絶対観る / ★★:観る / ☆☆:初回を観る / ☆☆☆:観ない

Pre-ratingSlotTitleStationMain CastScriptChief-Dir.Production
★★★木22医龍4フジテレビ坂口憲二、稲森いずみ浜田秀哉田中亮-
★★★月21失恋ショコラティエフジテレビ松本潤、石原さとみ安達奈緒子松山博昭-
★★★木20鼠、江戸を疾るNHK滝沢秀明、忽那汐里大森寿美男黛りんたろう光和イ
★★水22僕のいた時間フジテレビ三浦春馬、多部未華子橋部敦子葉山裕記共同テレビ
★★火22チーム・バチスタ4 螺鈿迷宮関西テレビ伊藤淳史、仲村トオル後藤法子今井和久MMJ
★★21戦力外捜査官日本テレビ武井咲、TAKAHIRO鴻上尚史中島悟(ケイファクトリー)
★★21下町ボブスレーNHK青柳翔、南沢奈央尾崎将也一色隆司NHKエ
★★火22紙の月NHK原田知世篠﨑絵里子黛りんたろうShin企画
☆☆日22S(エス)-最後の警官-TBS向井理、綾野剛古家和尚平野俊一-
☆☆火21福家警部補の挨拶フジテレビ檀れい、稲垣吾郎正岡謙一郎佐藤祐市共同テレビ
☆☆土23ロストデイズフジテレビ瀬戸康司、石橋杏奈徳尾浩司河野圭太共同テレビ
☆☆☆月20隠蔽捜査TBS杉本哲太、古田新太中澤圭規岡本伸吾ドリマックス
☆☆☆火23おふこうさんNHK(BS)貫地谷しほり福原充則竹村謙太郎(ドリマックス)
☆☆☆日22花咲くあしたNHK(BS)小池栄子、夏木マリ西荻弓絵渋谷未来(テレパック)
☆☆☆木21緊急取調室テレビ朝日天海祐希井上由美子常廣丈太(国際放映)
☆☆☆木21Dr.DMATTBS大倉忠義、加藤あい穴吹一朗倉貫健二郎ドリマックス
☆☆☆金20天誅 闇の仕置き人フジテレビ小野ゆり子高橋幹子西浦正記FCC
☆☆☆金20三匹のおっさんテレビ東京北大路欣也
☆☆☆金22夜のせんせいTBS観月ありさ林宏司生野慈朗-
☆☆☆金23私の嫌いな探偵テレビ朝日剛力彩芽、玉木宏福田雄一MMJ
☆☆☆水22明日、ママがいない日本テレビ芦田愛菜松田沙也猪股隆一(アックスオン)
※ タイトルは各ドラマの公式サイトにリンクしています。※ 作品名を一部省略して表記しているものがある。※ 制作会社の空欄は局制作。カッコ内は制作協力。
※ 脚本担当者が複数いる作品については トップクレジットを表記している。※ テレビ朝日の東映枠は割愛した。※ 「下町ボブスレー」は3月放送開始。

今クールは特別に思い入れのあるドラマはなさそうです。
期待度1位の『医龍4』(フジテレビ)は、これまで当シリーズをコンプリートしているので観ないという選択肢はありませんでした。
私の印象としては前シリーズのクオリティがそれまでと比べて落ちていたので続編というのは意外でした。
このニュースに接したときは、シリーズの脚本を担当してきた林宏司さんがついに復活かと思って一瞬期待したのですが、
ふたを開けてみれば、林さんの連ドラ復帰緒戦は『夜のせんせい』(TBS)の方でした。残念ながら手が回りそうにありません。
ただ、『医龍4』の脚本は、昨年『ラスト・ホープ』で医療ドラマでも実績を作った期待の若手脚本家、浜田秀哉さんなので、
シリーズに新風を吹き込んでくれるという意味ではとても楽しみです。気鋭の若手ディレクター、田中亮監督の演出にも注目。

『失恋ショコラティエ』(フジテレビ)は、石原さとみちゃんの出演が発表になった時点で、最初に観ることが決定したドラマです。
もうすっかり大ファンになってしまった安達奈緒子さんの脚本ということで、内容はよく吟味していないんですけど、スタッフの
名前だけで安心感があります。安達さんがリチプアとはまた違うさとみちゃんの魅力を引き出してくれることを期待しています。
プロデューサーは『全開ガール』、『最後から二番目の恋』、『最高の離婚』などを作品を手がけてきた若松央樹さんです。
スタッフおよび脇役の布陣を見るかぎり、大きな失敗はありえないかなという気がしています。

初めて観ることになるのがNHKの木曜時代劇。
『鼠、江戸を疾る』(NHK)は、NHKでは珍しいエンタテインメント性の高そうな1話完結型の時代劇です。
滝沢秀明くんと黛りんたろう監督は『義経』以来の仕事となるようです。タッキーはいい意味で個性の薄い俳優さんで、
わりと何にでも難なく染まってしまうので、演出する立場としてはとてもやりやすいんじゃないですかね。
ねずみ小僧の妹を演じる忽那汐里ちゃんも挑戦するというアクションシーンにも注目。音楽を担当するのは川井憲次氏です。

『僕のいた時間』(フジテレビ)は、難病ものということで倦厭する方もいるかもしれませんが、
傑作になる可能性を秘めている題材だということも事実ですので、私としてはチェックしておかなければならないと思っています。
主演俳優の力量には目をつぶるとして、それ以外のキャストは実力派ぞろいなので、そこもそそられる理由です。
特に久しぶりに等身大の役となりそうな多部未華子ちゃんのお芝居を見ておきたいという思いが強いです。
とはいえ、第1回を見てすっぱり見るのをやめる可能性もあります。本当に難しいんですよ、この路線は。

『チーム・バチスタ4 螺鈿迷宮』(関西テレビ)も、コンプリートしているシリーズなので観ます。
『医龍』ほど面白いシリーズだとは思っていませんが、柳葉敏郎さんを筆頭に新キャストはすごくいいですね。
『戦力外捜査官』(日本テレビ)は、劇作家の鴻上尚史さんの本に注目なのと、武井咲ちゃんのコメディなので外せません。
『海の上の診療所』を見て今ならコメディにもうまく対応できそうな雰囲気を感じたので彼女の成長を見極めたいと思います。
相手役の人はスポットCMを見る限り、人畜無害な芝居をしていたので、あまり気にならないかな。これは武井咲のドラマです。
『下町ボブスレー』(NHK)と『紙の月』(NHK)は、著名な原作を一流のスタッフが手がけます。硬派な仕上がりになりそう。
あまり数を増やしたくないので、これ以下3作品は初回を見て観続けるかを判断することにします。

それでは今クールも皆様がそれぞれに愛すべきドラマに出会えますことを願って。。。


nice!(3)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:テレビ

seesaa_plugin_qrcode_12062.png