So-net無料ブログ作成

2013年のドラマ [ドラマレビュー]

TermTitleKey StationCastScriptC.D.RatingMy Rating
1純と愛NHK夏菜、風間俊介遊川和彦梛川善郎17.10%★★☆☆☆
ラストホープフジテレビ相葉雅紀、多部未華子浜田秀哉葉山裕記10.64%★★★☆☆
サキ関西テレビ仲間由紀恵渡辺千穂今井和久9.58%★★★☆☆
書店員ミチルの身の上話NHK戸田恵梨香合津直枝合津直枝6.06%★★★★
最高の離婚フジテレビ瑛太、尾野真千子坂元裕二宮本理江子11.85%★★★★★
夜行観覧車TBS鈴木京香、石田ゆり子奥寺佐渡子塚原あゆ子11.55%★★★★★
まほろ駅前番外地テレビ東京瑛太、松田龍平大根仁大根仁%★★★☆☆
アテルイ伝NHK(BS)大沢たかお西岡琢也佐藤峰世-★★★☆☆
メイドインジャパンNHK唐沢寿明井上由美子黒崎博9.73%★★★★★
泣くな、はらちゃん日本テレビ長瀬智也、麻生久美子岡田惠和菅原伸太郎10.24%★★★★
神様のボートNHK(BS)宮沢りえ、藤木直人源孝志源孝志-★★★☆☆
極北ラプソディNHK瑛太、加藤あい宮村優子西谷真一6.10%★★★★
2確証~警視庁捜査3課TBS高橋克実、榮倉奈々森下直吉田健9.90%★★★☆☆
ガリレオフジテレビ福山雅治、吉高由里子福田靖西坂瑞城19.92%☆☆☆☆
雲の階段日本テレビ長谷川博己、稲森いずみ寺田敏雄猪股隆一9.25%★★★☆☆
家族ゲームフジテレビ櫻井翔、神木隆之介武藤将吾佐藤祐市13.00%★★☆☆☆
妻は、くノ一NHK(BS)市川染五郎、瀧本美織金子成人山下智彦-★★★☆☆
みんな!エスパーだよ!テレビ東京染谷将太、真野恵里菜園子温園子温2.76%☆☆☆☆
島の先生NHK仲間由紀恵荒井修子野田雄介6.10%★★★★
天使はモップを持ってNHK(BS)北乃きい末安正子坂梨公紀-★★☆☆☆
お父さんは二度死ぬNHK(BS)南沢奈央、遠藤憲一秦建日子藤井裕也-★★☆☆☆
空飛ぶ広報室TBS新垣結衣、綾野剛野木亜紀子土井裕泰12.65%★★★★★
小暮写眞館NHK(BS)神木隆之介、成海璃子国井桂熊坂出-★★★★
真夜中のパン屋さんNHK(BS)長澤まさみ、溝端淳平寺田敏雄大原拓-★★★★
3あまちゃんNHK能年玲奈宮藤官九郎井上剛20.60%★★★★★
救命病棟24時フジテレビ松嶋菜々子、時任三郎飯野陽子田島大輔14.62%★★★★
激流~私を憶えていますか?~NHK田中麗奈吉田紀子佐々木章光8.35%★★★★
Woman日本テレビ満島ひかり坂元裕二水田伸生13.58%★★★★★
DOCTORS 最強の名医テレビ朝日沢村一樹、高嶋政伸福田靖本橋圭太18.32%★★★★★
Oh,My Dad!!フジテレビ織田裕二安達奈緒子河野圭太9.30%★★★★
町医者ジャンボ!!読売テレビ真木大輔、忽那汐里深沢正樹大塚徹4.62%★★★☆☆
リミットテレビ東京桜庭ななみ清水友佳子塚原あゆ子%★★★★
七つの会議NHK東山紀之宮村優子堀切園健太郎5.92%★★★★
夫婦善哉NHK森山未來、尾野真千子藤本有紀安達もじり7.35%★★★★
ダブルトーン~二人のユミ~NHK(BS)中越典子、黒谷友香山本あかり三木康一郎-★★★☆☆
かすていらNHK(BS)遠藤憲一羽原大介吉村芳之-★★★★
4刑事のまなざしTBS椎名桔平岩下悠子鈴木浩介7.96%★★★★
海の上の診療所フジテレビ松田翔太、武井咲徳永友一中江功11.34%★★★☆☆
ガラスの家NHK井川遥、斎藤工大石静渡邊良雄8.71%★★★★
リーガルハイフジテレビ堺雅人、新垣結衣古沢良太石川淳一18.38%★★★★★
ハクバノ王子サマ 純愛適齢期読売テレビ優香、三浦貴大藤井清美熊坂出3.60%★★★★
都市伝説の女テレビ朝日長澤まさみ後藤法子塚本連平7.51%★★☆☆☆
ハードナッツ!NHK(BS)橋本愛、高良健吾蒔田光治河合勇人-★★★★
八重の桜NHK綾瀬はるか山本むつみ加藤拓14.60%★★★★★
 ※ 脚本担当者が複数いる作品については、トップクレジットを表記している。※ 視聴率は全話の加重平均(ビデオリサーチ社、関東地区)。

【 総評 】 今年はなんかいっぱい観たなぁという感じです。朝ドラと大河ドラマを通年で見たのも久しぶりでした。観なくてもよかったと思うようなドラマも少なからずあって、時間と労力を他の事に使いたかったです。一番時間をムダにしたのは『純と愛』ですかねぇ。半年もガチャガチャやった上であのまとめ方だもんなぁ。一方で外せないドラマもたくさんありました。当然星5つのドラマ(今年は合計9作品)はどれも出会えて本当によかったなと思います。作品としての評価とは別に私が好きだったドラマを挙げておくと、『書店員ミチルの身の上話』、『真夜中のパン屋さん』、『激流~私を憶えていますか?~』、『ハードナッツ!~数学girlの恋する事件簿~』が毎週楽しみでワクワクしていました。いづれもNHKというのは偶然ではなさそう。民放のドラマはどうしても数字を取りにいっている感が鼻につくのかもしれません。一番好きなドラマはこちらの作品ですが・・・。

個別の作品および俳優さんについての寸評は各クールのレビューもご覧ください。左の数字をクリックすると新しいウィンドウが開きます。 

ジャニスカ的最優秀作品賞
  空飛ぶ広報室
(TBS)
 
 <優秀作品賞>
『最高の離婚』
(フジテレビ)
『Woman』
(日本テレビ)
『DOCTORS 最強の名医』
(テレビ朝日)
『リーガルハイ』
(フジテレビ)
 

【 作品 】 確かに『リーガルハイ』のクオリティは出色だったし、テーマ設定も斬新で、手放しで楽しめる派手さの中にいつの間にか人間の感情の核心を突くような繊細さをも併せ持った近年稀に見る傑作ドラマだったのは間違いありません。しかし、私としては主人公の成長劇であったり、軽薄さとは無縁で互いを高めあうような二人の関係、さらには彼らを見守る人たちの人間模様といった古典的な題材を今という時代に合わせて描き切った『空飛ぶ広報室』の方を今年を代表するドラマとしたいと思います。阪神・淡路大震災から東日本大震災に至るまでの時事ネタを盛り込むという本作にとっては絶対に必須でありながらデリケートで困難な作業に挑戦し、作品全体をすっきりと清々しくまとめ上げた点も高く評価しました。

ジャニスカ的最優秀脚本賞
 坂元裕二
(『最高の離婚』/『Woman』)
 
 <優秀脚本賞>
古沢良太
(『リーガルハイ』)
野木亜紀子
(『空飛ぶ広報室』)
福田靖
(『DOCTORS 最強の名医』)
 

【 脚本 】 なんという巡り合わせでしょうか。古沢良太さんは3年連続で最優秀賞を逃す結果に。昨年は是枝裕和監督の『ゴーイング マイ ホーム』、『鈴木先生』を手がけた一昨年は『家政婦のミタ』の遊川和彦さんの次点でした。もちろん『リーガルハイ』の脚本は完璧でしたが、坂元裕二さんが同じ年にそれぞれ異なるテイストの傑作ドラマを2本手がけてしまえば文句なしの受賞となります。1本ずつなら確実に『リーガルハイ』の方が上位だったのですが・・・。まぁあまり意味はないですけどね、こんなの。作品が絶対的に素晴らしいのは間違いないんですから。いづれにしろ日本のテレビドラマ界を先頭に立って牽引しているのは紛れもなくこのお二人ということになります。『最高の離婚』は来年の2月にあの1年後を描くスペシャルドラマの放送が控えています。これは楽しみですね。一方で『リーガルハイ』の続編にも早くも期待してしまいます。今回は前作のテーマを発展させる形でしたので、次は常識を打ち破るような新機軸で我々を驚かせてほしいです。

 ジャニスカ的最優秀監督賞 
 土井裕泰・山室大輔・福田亮介
(TBS/『空飛ぶ広報室』)
 
<優秀監督賞>
黒崎博
(NHK/『メイドインジャパン』)
宮本理江子・並木道子・加藤裕将
(フジテレビ/『最高の離婚』)
水田伸生・相沢淳
(日本テレビ/『Woman』)
河合勇人・橋本光二郎
(ROBOT/『ハードナッツ!~数学girlの恋する事件簿~』)

【 演出 】 土井裕泰監督の演出力については当作品および映画作品のレビューにおいてかなり具体的な評価を試みておりますので、ドラマ演出に興味がある方はそちらをご覧ください。何度も言っていますが、超一流のドラマ監督です。『最高の離婚』では並木道子監督が確実に宮本理江子監督の後継者になりつつあるのが確認できました。また今年はあの『鈴木先生』を伝説のドラマに仕上げた河合勇人監督の作品を久しぶりに堪能できました。制作会社の監督としては指折りの実力者です。最後に付け加えると、黒崎博監督の大河ドラマ、まだぁ?という感じです。

 ジャニスカ的最優秀主演男優賞 ジャニスカ的最優秀助演男優賞
 堺雅人
(『リーガルハイ』)
 綾野剛
(『最高の離婚』/『空飛ぶ広報室』/『八重の桜』)
<優秀主演男優賞>
瑛太
(『最高の離婚』/『まほろ駅前番外地』/『極北ラプソディ』)
長谷川博己
(『雲の階段』)
沢村一樹
(『DOCTORS 最強の名医』)
 <優秀助演男優賞>
高橋克実
(『メイドインジャパン』)
高嶋政伸
(『DOCTORS 最強の名医』)
岡田将生
(『リーガルハイ』)
柴田恭兵
(『空飛ぶ広報室』)

【 男優 】 堺雅人さんは2年連続の受賞となります。私は「半沢直樹」を評価するつもりは毛頭ありませんが、本年のテレビドラマの顔といえば、この人ということで誰も異論はないでしょう。堺雅人さんのお芝居についてはこれまでもいろんな所で触れてきているので今さら特に付け加えることはありません。役に向き合う姿勢、アイデア・テクニック、存在感、さらには人格と、あらゆる面で最高レベルの俳優さんだということです。そしてなんと綾野剛くんも2年連続の受賞となります。こうやって振り返ってみると、どの役も本当に素晴らしかったですね。特に松平容保を演じた『八重の桜』では独特の役作りをなさっていたようで一人だけ異次元の芝居をしていたように思います。堺雅人さんと並んで評価される実力と資格を十分に備えた俳優さんです。

ジャニスカ的最優秀主演女優賞 ジャニスカ的最優秀助演女優賞
新垣結衣
(『空飛ぶ広報室』)
 田中裕子
(『Woman』)
<優秀主演女優賞>
戸田恵梨香
(『書店員ミチルの身の上話』)
満島ひかり
(『Woman』)
橋本愛
(『ハードナッツ!~数学girlの恋する事件簿~』)
  <優秀助演女優賞>
石田ゆり子
(『夜行観覧車』)
稲森いずみ
(『雲の階段』/『八重の桜』)
新垣結衣
(『リーガルハイ』)
尾野真千子
(『最高の離婚』/『夫婦善哉』)

【 女優 】 『空飛ぶ広報室』の新垣結衣ちゃんは堂々の受賞です。正直言って数年前まではこういうタイプの女優さんになるとは思ってもみなかったので、長年彼女を見続けている人間としては嬉しい限りです。今年はお芝居にだいぶ余裕ができて、作品を俯瞰でみて彼女自身が作品が向かうべき方向に導いているような印象でした。これは『リーガルハイ』でも同様に感じたことです。正しく「主演女優」となりましたね。『Woman』の田中裕子さんは、映画・ドラマを通じてこのブログの賞レースの常連になっている女優さんです。いつもとても繊細な感情の機微を表現なさる方で、人間の感情が持つ生々しさのようなものまでを醸し出す表現力は未だに若手の追随を許しません。

今年も1年間、私のレビューとツイートにお付き合いいただきありがとうございました。今年は気まぐれで申し訳なかったです。もう少し各作品を満遍なくフォローできればよかったのですが、週末は競馬場か映画館へという一年でしたのでなかなかうまくいきませんでした。私が怠惰なだけという噂もありますが・・・。来年は何か方策を考えたいと思います。

来年も皆様と一緒に一本でも多くのいい映画、いいドラマを共有できることを願いつつ・・・
それでは皆様、よいお年をお迎えくださいませ。。。

関連記事 : 2013年第4四半期のドラマ (2013-12-29)
2013年第3四半期のドラマ (2013-09-24)
2013年第2四半期のドラマ (2013-06-30)
2013年第1四半期のドラマ (2013-03-29)
2012年のドラマ (2012-12-31)
2011年のドラマ (2011-12-31)
2010年のドラマ (2010-12-31)


2013年第4四半期のドラマ [ドラマレビュー]

2013年の第4クール、私が最後まで視聴したドラマの一覧と評価です。

TermTitleKey StationCastScriptC.D.RatingOwn Rating
4刑事のまなざしTBS椎名桔平岩下悠子鈴木浩介7.96%★★★★
海の上の診療所フジテレビ松田翔太、武井咲徳永友一中江功11.34%★★★☆☆
ガラスの家NHK井川遥、斎藤工大石静渡邊良雄8.71%★★★★
リーガルハイフジテレビ堺雅人、新垣結衣古沢良太石川淳一18.38%★★★★★
ハクバノ王子サマ 純愛適齢期読売テレビ優香、三浦貴大藤井清美熊坂出3.60%★★★★
都市伝説の女テレビ朝日長澤まさみ後藤法子塚本連平7.51%★★☆☆☆
ハードナッツ!~数学girlの恋する事件簿~NHK(BS)橋本愛、高良健吾蒔田光治河合勇人-★★★★
 ※ 脚本担当者が複数いる作品については、トップクレジットを表記した。 ※ 視聴率は全話の加重平均値(ビデオリサーチ社、関東地区)。

ジャニスカ的最優秀作品賞
 『 リーガルハイ 』
(フジテレビ)
 
 <優秀作品賞>
『ハードナッツ!~数学girlの恋する事件簿~』
(NHK=東宝)
 

【 作品 】 事前の期待通り、やはり今クールは『リーガルハイ』(フジテレビ)が中心的存在となりました。「感動」という尺度で言えば、ジャニスカ的には前シリーズの方が心揺さぶられましたけど、レビューに書いたとおりあれは「誤算」であって、作り手が目指したものを確実に表現することに成功した意味では、前作を遥かに上回るクオリティだったと言えると思います。「真実はコメディである!」とはよく言ったもので、我々が生きているこの世界を構成しているのは人間たちの愚かで滑稽な営みであり、それこそが我々が目を逸らしてはならない真実なのであるというテーマを前作にも増して洗練された表現手法で描き切りました。

次点はBSで放送された『ハードナッツ!~数学girlの恋する事件簿~』(NHK)です。世の中に存在するあらゆるものが数式で表せるというコンセプトのもと、数学を専攻する女子大学生が事件を解決していくという、時流に乗りつつも目新しさも感じさせる佳作でした。また、主人公が事件解決に協力している刑事に片思いをするラブコメの側面も同時進行で描かれ、ミステリーでありながらも全体的にポップな印象の作品でした。来年には地上波でも放送されそうなので、今回ご覧になれなかった方はご期待ください。

『ハクバノ王子サマ 純愛適齢期』(読売テレビ)は、半沢のような「痛快系」ドラマが隆盛する中、ゴールデンタイムでは商品になりづらくなってしまった「共感系」のドラマだったと言えるでしょう。今となっては信じられないかもしれませんが、10年ぐらい前まではこういう系統のドラマばかりだったんですよ。どこにでもいそうな真面目で不器用な女の子の内的葛藤と成長が丁寧に描かれ、大いに感情移入してしまいました。どこまでいっても私はこういうドラマが好きなようです。

それ以外の作品についても短評を。『刑事のまなざし』(TBS)は、「人間は嘘をつく」という東野圭吾の小説を連想させるモチーフとそれを鋭い観察眼で見抜く刑事の活躍が一貫して描かれ、期待通りの硬派な仕上がりとなっていました。『海の上の診療所』(フジテレビ)は、離島を巡る診療船という舞台設定は悪くありませんでしたが、各回のエピソードは尽く「よくある話」で目の肥えた視聴者を感動させるには脚本の力が足りませんでした。ただし、月9らしいラブ要素は及第点。『ガラスの家』(NHK)は、『セカンドバージン』を思い出させるような大石静さんらしい作風で、美男美女の禁断の恋愛というわかりやすいストーリーが瑞々しく描かれました。また財務省の官僚組織の描写に代表されるような登場人物の背景が具体的かつリアリティをもって描かれることによって、ドラマチックな二人を巡る展開に説得力が生まれていた点も高く評価しています。『都市伝説の女』(テレビ朝日)は、脚本が分担制になって各話のクオリティにばらつきが出て、トータルでは前シリーズよりも評価を落とす結果になりました。

ジャニスカ的最優秀脚本賞
 古沢良太
(『リーガルハイ』)
 
 <優秀脚本賞>
蒔田光治・山浦雅大・徳尾浩司
(『ハードナッツ!~数学girlの恋する事件簿~』)
 

【 脚本 】 今、ドラマ脚本家のトップを走っているのが古沢良太さんと言っていいでしょう。今年は映画の脚本でも活躍が目立ちましたが、『リーガルハイ』を観てしまうと、やはり連続ドラマでこその脚本家という感じがしています。キャッチーで生きた台詞をテンポよく繰り出す言葉に対するセンスと、各回およびトータルでの構成力、そのどちらにおいても突出した才能をお持ちの方です。人間社会が抱える矛盾や不条理を風刺していく手法は前作よりもさらに一歩踏み込んだ印象で、曖昧だった真実の一端をあえて見せることによって、我々の心により深い思考を要求する作りになっていました。特に古美門と対峙する弁護士・羽生の言動に彼自身も気づいていない人間社会を構成する嘘や欺瞞、あるいはキレイ事を託しており、最終的に本当の意味での「真実」をわかりやすく浮き彫りにすることに成功しました。羽生という存在を好ましいものと思い続けていた視聴者にとっては、これ以上の「どんでん返し」は見たことがなかったのでしょう。そういう意味では古沢さんの思うツボだったわけです。

ジャニスカ的最優秀監督賞
 河合勇人・橋本光二郎
(『ハードナッツ!~数学girlの恋する事件簿~』)
 
 <優秀監督賞>
石川淳一・城宝秀則・西坂瑞城
(『リーガルハイ』)
 

【 演出 】 こちらは最後まで迷ったのですが、『ハードナッツ!~数学girlの恋する事件簿~』の演出を上位にとりました。『リーガルハイ』がテンポや見た目の面白さを重視した典型的なコメディ演出で成立してたのに対して、『ハードナッツ!~数学girlの恋する事件簿~』は、映像技術を駆使して最初からこのドラマの世界観(ある種の平行世界に近い)を提示することに成功しており、我々を主人公の思索や妄想に引き込でいく仕掛けは実に見事でした。ライティングや音の使い方はもちろん、画面の構成や「鈴木先生」以来の文字情報の使い方など、相変わらず細部へのこだわりが伝わってくるチームです。テレビ局所属のディレクターが絶対にやらないタイプの演出で、堤幸彦監督が出てきたときぐらいのインパクトだと思うのですが、あまり注目されていないのは視聴率でしか評価されないこの業界が持つ弊害のひとつでしょう。

ジャニスカ的最優秀主演男優賞 ジャニスカ的最優秀助演男優賞
堺雅人
(『リーガルハイ』)
 岡田将生
(『リーガルハイ』)
<優秀主演男優賞>
椎名桔平
(『刑事のまなざし』)
 <優秀助演男優賞>
高良健吾
(『ハードナッツ!~数学girlの恋する事件簿~』)

【 男優 】 堺雅人さんは前シリーズに続いての受賞となります。改めてコメントする必要もないでしょう。

『リーガルハイ』で岡田将生くんが演じた羽生という役柄は、言ってみればこの社会のジレンマを象徴するようなとても重要なキャラクターであり、ドラマの構造としては視聴者が感情移入する対象は古美門ではなく、羽生でなければなりませんでした。そういう意味では岡田くんが元来持っている清廉潔白な印象が、羽生の純粋な精神に説得力を持たせていたと思います。そして純粋すぎるが故の暴走や終盤に見せた狡猾さといった表現においてさらなる役柄の奥行きを感じさせるところは流石だと思いました。彼以外ではちょっと成立しがたいキャラクターだったかもしれません。

ジャニスカ的最優秀主演女優賞 ジャニスカ的最優秀助演女優賞
橋本愛
(『ハードナッツ!~数学girlの恋する事件簿~』)
 新垣結衣
(『リーガルハイ』)
<優秀主演女優賞>
井川遥
(『ガラスの家』)
優香
(『ハクバノ王子サマ 純愛適齢期』)
  <優秀助演女優賞>
小雪
(『リーガルハイ』)

【 女優 】 橋本愛ちゃんは、わかってはいたけどやっぱり素晴らしい才能を持った女優さんです。まだ十代にして様々な役をこなしてきている彼女でも、今回の役はけっこうなチャレンジだったと思うのですが、最初からキャラクターをきっちりと作り上げてきていて、それもまぁ魅力的でした。独特の台詞回しを最初からモノにしていたし、的確な計算の元、歩き方から佇まい、仕草でもキャラクターを表現しており、今作では彼女の技巧派女優としての側面が垣間見られました。また、今回は彼女自身のモノローグがかぶされるシーンも多かったのですが、表情のパターンが大変豊富な子で、観る者を飽きさせない女優さんです。私は表情のバリエーションは女優さんにとってひとつの大きな武器だと考えています。ジャニスカ的には多部未華子ちゃんとよく似たタイプの女優さんという印象を持っています。本作は「デカワンコ」のイメージですね。

新垣結衣ちゃんの登場率がやけに高くなっているこのドラマ賞。数年前までは正直なところ押し出される形というか、どちらかといえば消極的な受賞という感じでしたが、今年には入ってからは自信を持って選出しているつもりです。彼女の女優人生のおいてこの『リーガルハイ』という作品との出会いはとても大きいものだったのではないかと想像しています。この作品を通じて女優としてひと皮もふた皮も剥けて完全に表現のリミッターを外しましたよね。何でもできる、やってやるという意識を獲得した彼女は今後大きく飛躍していくはずです。来年は順番からいってTBSで主演ということになりそうですね。『ハクバノ王子サマ』のような等身大のラブストーリーで彼女を見たいですけど、そういう企画そのものに需要がなさそうなのは残念です。大物と競演というよりも彼女自身が作品を牽引するような作品を期待しています。

ジャニスカ的最優秀音楽賞 ジャニスカ的最優秀主題歌賞
和田貴史・橘麻美
(『ハードナッツ!~数学girlの恋する事件簿~』)
 家入レオ / 太陽の女神
(『海の上の診療所』)
Gyao!無料動画 | 家入レオ / 太陽の女神

【 音楽 】 『ハードナッツ!~数学girlの恋する事件簿~』では、チャイコフスキーの「くるみ割り人形」をモチーフにした楽曲が作品の世界観を表現するのに大きく貢献していました。二人ともまだお若い作曲家です。主題歌では演出上大きく貢献していたものがなかったのが残念ですが、鉄拳さんの漫画を使用した『海の上の診療所』のエンドタイトルが好きだったので、これにとてもマッチしていたこの曲にしました。ピアノで始まるイントロがきれいだし、ボーカルにも力があって、いつも主題歌向きの曲を作ってくれます。

関連記事 : (2012-4)ドラマ期待度ランキング (2013-09-28)