So-net無料ブログ作成
検索選択

Twitter 20130123 [Twitter]

  • e97h0017e97h0017TBS『夜行観覧車』第1回。複数の時系列で進行するストーリーは紛れもなく湊かなえだ。今回は現在と4年前が交錯する構成がうまくいっていたが、次回以降はどうなるだろう。けっこう難しい作業だと思うが。演出的には今クール最高品質だった。私は湊作品のキーワードは「思い込み」だと考えている。01/22 23:37
  • e97h0017e97h0017日本テレビ『泣くな、はらちゃん』第1回。岡田さんの作風ではないので脚本家の個性で押していくというよりもスタッフとキャストのノリが大事なドラマだろう。手放しで楽しめるストーリーだが作り手のノリが先行すると視聴者が置いてきぼりを食う危惧もある。俳優陣は作品の性質を理解して演じている。01/22 23:47
  • e97h0017e97h0017今日のスタパ、安藤サクラがこれほどの不思議ちゃんだとは知らなかった。佑くんが出会った時に直感的に結婚すると思ったらしいけど、その意味がなんとなく理解できた。語り口も独特で、一度話し始めるとどんどん自分の世界に没入していく感じがある。MCの二人があんなに口を挟まなかったのも珍しい。01/23 00:05
  • e97h0017e97h0017「つやのよる」の忽那汐里ちゃんは大竹しのぶさんとがっつり絡む役なんだ。行定勲監督だし、いいお仕事もらったねぇ。何気に汐里ちゃんは映画のキャリアが濃密で高校生の頃から山下敦弘監督や深川栄洋監督といった才能ある映画監督と仕事をしてきている。オスカーではもっとも有望な若手女優だと思う。01/23 00:49
  • e97h0017e97h0017『ラストホープ』第2回。登場人物の過去を小出しに提示する手法は流れが断ち切られるので受け手の視聴意欲を殺ぐ可能性がある。我々は現在起こっている事象よりも登場人物の情報に力点を置いて視聴する必要がありそうだ。医師たちの過去は密接に関連しており、個々の情報は必ずどこかで繋がるだろう。01/23 02:03
  • e97h0017e97h0017『サキ』第3回。ワインを注文したことだし、そろそろ2枚目の肉が消費されそうだ。妹に気持ちを知られて自ら命を絶つという流れか。サキの食へのこだわりは食べられなかった過去があることを示唆していて、過去が現在の彼女の行動を支配していると思われる。サキには結婚歴があるような気がしている。01/23 03:02
  • e97h0017e97h0017『書店員ミチルの身の上話』第3回。このジェットコースタードラマはまだ位置エネルギーを溜めているところだ。平気であれだけの嘘をつける人間が、宝くじの高額当選を幸福な人生の糧にできるとは思えない。もうすでに嘘で身を滅ぼしているわけだが、ミチルには劇的な転落人生が待ち受けているだろう。01/23 03:46
  • e97h0017e97h0017「アテルイ伝」に触発されて、宮城県亘理地方の郷土料理、はらこ飯を作ろうとしたら、いくらが100グラム980円という破格の高級食材だったので、わかめでごまかした。時季はずれか。鮭を醤油と酒で煮てその煮汁でごはんを炊くのがポイントです。煮ることによって皮や骨からもだしを取り出します。01/23 20:18
  • e97h0017e97h0017大泉洋さんの宇宙人設定ってすごいよな。他人同士が同居することになるというモチーフはありふれたものだから、それがなければこういうドラマには全然興味ないよ。まだ彼の目的がいまひとつ判然としないけど。それ以上に主人公の弟の言動がよくわからない。大学生にもなって姉への愛情表現があれなの?01/23 22:41

Twitter 20130118 [Twitter]

  • e97h0017e97h0017スタパ、HYさんの「いちばん近くに」生演奏。今年初めて歌を聴いて落涙してしまったよ。紅白ではフルコーラスじゃなかったのが本当に残念。白組のトリはこれが正解。もちろんフルでなければ意味がない。NHKがこの英断をできていたら大賞賛だっただろう。http://t.co/5w4UHfMt 01/18 19:41
  • e97h0017e97h0017スタパ、HYさんの「いちばん近くに」生演奏。今年初めて歌を聴いて落涙してしまったよ。紅白ではフルコーラスじゃなかったのが本当に残念。白組のトリはこれが正解。もちろんフルでなければ意味がない。NHKがこの英断をできていたら大賞賛だっただろう。http://t.co/4yOIVVvd 01/18 19:46
  • e97h0017e97h0017どうして結婚しないんだろう?3大俳優:堤真一さん(48)、竹野内豊さん(42)、西島秀俊さん(41)。堤さんはこれに加わって長いです。数年前までは阿部寛さんや織田裕二さんがいました。芝居を突き詰め出すと結婚することで生活の匂いが漂うのを嫌うようになるのではないかと解釈しています。01/18 20:04
  • e97h0017e97h0017@satonmako011 ちょっと思い浮かびませんでした。というのは「結婚した」という情報そのものが受け手に先入観を植え付けるので、例えばホームドラマなどに出演するとそういう目で見ちゃいますよね。強いて言えば織田裕二さんです。彼は結婚してもなお徹底的に私生活を隠していますよね。01/18 20:56
  • e97h0017e97h0017織田裕二さんはマスコミに対するウケはよくないみたいだけど、時に無愛想みたいに捉えられてしまうのはあくまでも俳優としてのポリシーを貫いているだけなんだと思う。学生時代、織田さんのラジオ番組を毎週聴いてたけど、福山雅治さんとは真逆で、人柄は見えても全然生活感のないトークばかりだった。01/18 22:01
  • e97h0017e97h0017今日の「あさイチ」、はるかちゃんと結子ちゃんのVTR出演に歓喜していたら、トム・クルーズさんの独占インタビューが始まってビックリした。私はアメリカという国が苦手なんだけど昔からトム・クルーズさんだけは別格。アメリカ人の中で一番好き。日本人的な感性を持っている人だと思うんだよなぁ。01/18 22:11
  • e97h0017e97h0017映画「ストロベリーナイト」の新出映像を多数見ることができた。映画的な映像と芝居に満ちていてワクワクしてくる。なんと言ってもほぼ全編で降らせているという雨の演出に注目だ。共同テレビの佐藤祐市監督は、「キサラギ」でブルーリボン賞などを受賞しており、映画監督としても高い評価を得ている。01/18 22:24
  • e97h0017e97h0017@satonmako011 ひとり思い出したので報告しておきます。豊川悦司さんです。正確にはバツイチなんですけど。豊川さんは俳優という仕事にとって受け手の先入観が何より厄介だと仰っていました。だからメディアに露出しないですよね。バツイチを含めるなら大沢たかおさんも似たタイプかも。01/18 23:43
  • e97h0017e97h0017@satonmako011 夏川結衣さんは「どうして結婚しないんだろう女優」ですね。。。01/18 23:52
  • e97h0017e97h0017流れで・・・どうして結婚しないんだろう?3大女優:鈴木京香さん(44)、夏川結衣さん(44)、深津絵里さん(40)。01/19 00:13

Twitter 20130116 [Twitter]

  • e97h0017e97h0017多部ちゃんお化粧薄い!彼女の世代でタモリさんとこんな感じで会話できる子って珍しいよ。ガッキーとかいつも苦労している印象がある。やっぱりこの世界長いからかな、年上好みのリアクションをする。「青空のゆくえ」の時が中学生で「夜ピク」の時が高校生で朝ドラの時が女子大生で今は23歳だって。01/15 19:33
  • e97h0017e97h0017フジテレビが年をまたいでもなお「アイアンシェフ」をゴリ押ししてる感じってちょっと引くわー。鉄人の番宣に駆り出された感といったら痛々しいつーの。大多さんの肝煎りだから最低でも1年はやるんだろうな。玉木くんがカメオ出演していたドラマは20分で観るのを止めた。やっぱり鹿内ドラマは嫌い。01/15 19:51
  • e97h0017e97h0017『ストロベリーナイト』再放送。姫川は媚びたところが皆無なのに結子ちゃんがこれまで演じてきたキャラクターの中で一番いとおしいと思ってしまう。ちょっと海ちゃんに似た感覚。本放送ではストーリーを追うのに精一杯だったので人間関係を中心に見る。体育会系の雰囲気を本気で描いた初の刑事ドラマ。01/15 20:50
  • e97h0017e97h0017第1話を改めてちゃんと観てみると、姫川と菊田ってすでに相思相愛だよな。01/15 20:59
  • e97h0017e97h0017やっぱり浜田秀哉さんはガンダム世代だった。「きな子」で感じたものは当たっていた!01/15 21:31
  • e97h0017e97h0017映画「鈴木先生」の初動スクリーン数が35っていくらなんでもひどすぎないか。テレビ東京がわりと宣伝頑張ってて感心してたのにこれじゃあちょっと虚しいよ。東北地方で公開していないのはネット局がないという理由だろう。アスミック・エースが降りたのは全国ロードショーには向かないという判断か。01/16 18:41
  • e97h0017e97h0017フジテレビ『ラストホープ』第1回。主人公の総合診療医を中心に個性的なスペシャリストを配した医療ドラマ。「GM」や「医龍」の影響が感じられるが、作品の是非はいかに良質な人間ドラマに落とし込めるかにかかっている。各医師の過去が随所でカットバックされており、それを描く意図は感じられる。01/16 21:58
  • e97h0017e97h0017@satonmako011 本当にそうですね。大雑把に言って札幌、関東、愛知、大阪、瀬戸内、福岡・・・って感じですからねぇ。観たくてもあきらめちゃう人がこれ以外の地域にどれだけいることか。もったいないですよ。最初から「大ヒット」を放棄していたなんて残念です。01/16 22:16
  • e97h0017e97h0017『サキ』第2回。痛快なフェイクだった。ゲイ疑惑と祐樹という名前の着信から急転直下のシスコン確定への流れはレベルの高い脚本だ。まさかそっちの方のダブーとは。義理ということはなさそう。理事長の奥さんが富田靖子さんとなってくると、この先どれだけの波乱が待ち受けているやら想像もできない。01/16 23:14
  • e97h0017e97h0017『書店員ミチルの身の上話』第2回。ミチルの最低女ぶりはヘタをすると視聴者の支持を失いかねないが、むしろ事の重大さに無自覚な点が救いかもしれない。彼女にドラマの主人公たる資格があるかどうかはそれに気がついた時に何を為すかで決まる。とりあえずは宝くじでそれどころではなくなりそうだが。01/16 23:24

Twitter 20130111 [Twitter]

  • e97h0017e97h0017関西テレビ『サキ』第1回。やはり「美しい隣人」を想起させるストーリーだった。演出的にもほぼ同じことをやろうとしているのだがそれでも面白い。今回は渡辺千穂さんの脚本なので新味を期待したいところ。もちろん単純な復讐劇のはずがない。サキが肉とワインで祝杯をあげる行為は悪趣味極まりない。01/09 21:56
  • e97h0017e97h0017NHK『書店員ミチルの身の上話』第1回。このドラマの面白さを実感するには30分では短すぎるか。ただし楽しむための材料は提示された。ミチルをとりまく4人の男がドラマを創る。ミチルの夫とされる大森南朋さんがストーリーテラーであるところが肝かもしれない。昨夏にオールロケを敢行した模様。01/09 22:41
  • e97h0017e97h0017『JIN-仁-』セカンドシーズンの再放送、やっぱり全然面白いと思えないんだよなぁ。話が史実や偉人と絡めば絡むほど冷めていく。それと劇伴と細かいカット割で強引に盛り上げようとする平川雄一朗の演出が大嫌いなんだな。映画なら許容できるんだが、連ドラだと毎回同じものを観ている感覚になる。01/10 00:22
  • e97h0017e97h0017本日「コクリコ坂から」が放送されるので改めてNHKのドキュメンタリー「ふたり」を見た。作品とは別問題として正直なところ親父さんのことはあまり好きじゃない。でもこの番組を見て吾朗監督のことが大好きになってしまったんだよ。こちら側の人が映画を作っているということにとても安心したんだ。01/10 00:25
  • e97h0017e97h0017吾朗監督が映画に臨む目線は我々映画ファンにとても近いところにある。うまく言えないが親父さんの作品は漠然と上からな感じがあるんだよな。歳をとればとるほどそんな感じがする。「コクリコ」は映画館で3度観てレンタルでも観たから今日で5回目。ジブリでは「耳すま」と並ぶヘビロテ作品となった。01/10 00:50

Twitter 20130107 [Twitter]

  • e97h0017e97h0017やっぱり「セカチュー」と「耳すま」は年に一回は観ないとだなぁ・・・古典的なテーマを作り手の表現力で昇華させた作品こそが真の名作なんだと思う。特に映画「世界の中心で、愛をさけぶ」はあんなクソつまらない小説を魅力的な物語に仕立てたという意味で映画監督の創造力のすごさを思い知った作品。01/06 02:43
  • e97h0017e97h0017テレビドラマのスタジオ撮影の場合、複数のカメラで様々な角度から被写体を捉えた映像をサブに送ってスイッチャーが切り替えた映像を収録するのは当たり前の手法だが、それをマルチアングルなどという横文字で表現するといかにもすごいことをやってるように聞こえるよな。プログレッシブカメラと同じ。01/06 14:33
  • e97h0017e97h0017ロケで5~6台のカメラを使って黒澤明みたいなマルチアングルをやってるっていうのならそれは賞賛に値する。サブがないからカメラの台数分だけマスターテープができるのでそれを編集するのって気が遠くなる作業だよ。私だったら選べないね。だからカット割の段階で決めとくのが一番効率がいいんだよ。01/06 14:39
  • e97h0017e97h0017編集段階でやっぱりあの画も欲しかったなんて後悔するのはディレクター失格だね。だからと言って後悔しないように全部撮っておこうという発想も軟弱だ。できるディレクターは完成したものを具体的にイメージした上で周到な準備を重ねて決め打ちでシュートに臨むものでしょ。撮影現場で迷いは禁物だよ。01/06 16:53
  • e97h0017e97h0017演者の表情を余すところなく捉えておきたいと言えば聞こえはいいけど、それって「決定」を先送りしているだけなんじゃないの?できないディレクターの発想だな。ディレクターが決めないことによって結果的に無駄な作業をしているスタッフが多数出てくるという意味で、非効率かつ傲慢なやり方なんだよ。01/06 18:29
  • e97h0017e97h0017今週の週刊フジテレビ批評で視聴率区分でいうF1層の代表みたいな人が出てきて視聴者層に関係なくみんなが楽しめる番組を作って欲しいみたいな一般論を吐いてたけど、民間放送にはそういうNHKみたいな芸当は不可能なんだよ。番組の内容はスポンサー様に決定権があるということを忘れてらっしゃる。01/06 15:22
  • e97h0017e97h0017そもそも何のための「視聴者区分」なのかを全然理解していないんだよな。視聴率とは元来広告主がどの時間帯のどの番組にCMを出稿するかを決定する指標なんだから。例えば資生堂がスポンサーだったら若い女性向けの番組構成になるし、花王がスポンサーだったら主婦向けの番組構成にならざるを得ない。01/06 15:32
  • e97h0017e97h0017今日のスタパ、戸田恵梨香ちゃんがこんなに綺麗な顔だったとは知らなかったよ。照明の当て方が巧いのかなぁ。父親の後押しがなかったら女優になってないと言ってたけど、そうでなくても絶対に誰かが見つけただろうな。修学旅行の時に原宿でスカウトされたなんていうよく聞く話も必然なんだよきっと。01/07 20:04
  • e97h0017e97h0017大森立嗣監督『まほろ駅前多田便利軒』。映画的な空気に満ちており、観客の想像力が問われる作品。主人公二人の過去は登場人物の台詞でしか語られないので、やや感情移入はしづらかった。回想シーンとか連想させるアイテムとか何らかの工夫が欲しかった。ただし連続ドラマ向きのフォーマットではある。01/07 23:18

seesaa_plugin_qrcode_12062.png