So-net無料ブログ作成
検索選択

きな子~見習い警察犬の物語~ [映画レビュー]

2010080601.jpg
(C)2010 「きな子~見習い警察犬の物語~」製作委員会

『きな子~見習い警察犬の物語~』
(2010年 松竹 113分)
監督:小林義則 脚本:浜田秀哉、俵喜都 出演:夏帆、寺脇康文、山本裕典、戸田菜穂
          Official Wikipedia / Kinejun          

フジテレビのドラマ『絶対零度~未解決事件特命捜査』(2010年)でその脚本家としての存在感を印象付けられた浜田秀哉さんの作品を映画で観られることをとても楽しみにしていました。プレビューでも書きましたが、「おまえという未熟な訓練士を育てるためにきな子がおる。きな子という未熟な警察犬を育てるためにおまえがおる」という台詞は作品のテーマと全容を表現しきってしまう本当に素晴らしい台詞です。その一方で、実話をベースにしているとはいえ、終盤にかけてどのようなドラマを盛り込んでいくのかについては脚本家の手腕が試されるところでしたが、実に巧みな構成と伏線によって、見事に物語のクライマックスを劇的に盛り上げることに成功しています。

以前、『サイドカーに犬』(2007年)のレビューで「子役」に対する否定的な見解を述べたことがありますが、子役のお芝居の質についてはさておいて、脚本上のドラマ作りに「子供」を生かすことについては、よっぽど上手くやらないとウソっぽさやご都合主義が鼻に付いたりするものであり、その点で言えば『サイドカーに犬』は大変巧みな脚本だったと言えると思います。本作における子供についての表現がリアリティを欠いている部分があることは認めなければなりませんが、それでも「大人が創作した子供」が持つ嫌味のようなものを感じなかったのは、本作における子供描写の背景に「子供」というものに対する制作者(=脚本担当者)のある確信めいた考え方が存在しているような印象を持ったからかもしれません。今回のレビューはかなりの深読みかつちょっと飛躍したものになるかもしれませんがお付き合いください。

私は本作を観て、この脚本を執筆した人は、ズバリ、アニメ『機動戦士ガンダム』をタイムリーで見た「ガンダム世代」だと思いました。そのことは本作に関するある客観的な事実からも強く確信することにいたっているわけですが、それについてはあまりにもマニアックなので、ここで触れるのは控えておきます。実際、浜田さんも俵さんも70年代生まれであり、少なくとも「その世代」であることは間違いありません。

ガンダムシリーズの主人公が常に「少年」であることは、ガンダムをちゃんと見たことがない方でもなんとなくご存知かと思います。そのことはシリーズを通じた大きなテーマのひとつである「人類の革進」、つまり「ニュータイプ理論」を説明するために不可欠な要素となっています。ガンダムシリーズでは、人間が本来持っている潜在能力を宇宙(そら)に出ることで開花させた鋭敏な感覚(超能力)を有した新人類を「ニュータイプ」と呼んでいます。そのような潜在能力は、ほとんどの人が開花させることなく一生を終えるわけですが、年少であればあるほど、ニュータイプとしての資質を開花させるチャンスは大きくなるという理由で、主人公とその周囲の登場人物の年齢が低く設定されていると私は考えています。また、ガンダムシリーズにおいて主人公よりも年齢がさらに若い登場人物、つまり「子供」が常に登場するのは、そのような要素を強調するためだったと考えられます。

一番わかりやすい例は、ファーストガンダムの最終回ラストシーンで主人公(アムロ)の生還をいち早く察知したのが宇宙戦艦に同乗して大人とともに戦った「子供たち」(カツ・レツ・キッカ)だったという描写の仕方で、これは「普通の子供」でしかなかった彼らが長く宇宙に滞在することでいつの間にか大人を凌ぐ鋭敏な感覚を手に入れていたということを意味し、ガンダムの裏テーマを明確に示唆する名シーンとなっています。その後のシリーズでも戦災孤児となった赤ん坊が主人公と行動を共にするというようなパターンが定番となっていて、大人では感じ取れない状況を赤ん坊が察知して泣き出したり、笑い出したりといった描写が盛り込まれています。ガンダムシリーズにおいて、ストーリーの要所で登場する「子供」は、テーマ表現のための重要な役割を果たしていると言えるわけです。

さて、本作に登場する子供がそのストーリー展開において大きな役割を果たしているのは、本作をご覧になった方ならばすぐに同意していただけると思います。主人公の警察犬訓練士見習い・望月杏子(夏帆)が勤める訓練所の所長・番場清二郎(寺脇康文)の娘・新菜(大野百花)は、序盤からその生意気な言動で我々を楽しませてくれて、その存在感を強烈に印象付けられるわけですが、この時点では彼女は本作の喜劇的な要素を引き立てるための登場人物の一人でしかなく、そのあたりの彼女の表面的な生意気さというものはリアリティを欠いている部分もあるかもしれません。しかし、後で振り返ってみると、時に笑いを誘う新菜ちゃんの生意気な言動の内容は、常に主人公を客観的かつ冷静に見つめる視点が元になっていることに気がつきます。

映画制作上の技術的な観点で言えば、新菜ちゃんは、杏子の成長と挫折に誰よりも鋭敏に反応するとても感受性の豊かな少女として描かれており、それらを生意気な言動をもって表出させることで、観客の笑いを誘うと同時に主人公のキャラクターを間接的に描写するというとても高度なテクニックが用いられています。また、杏子が訓練所を辞めるときに、最も落胆したのが新菜ちゃんであり、皮肉たっぷりの言葉で杏子を送り出すわけですが、実は新菜ちゃんは主人公の周囲でその成長を暖かく見守っている存在(=大人たち)の感情を代弁する存在であり、狂言回しに近い役割も果たしているのです。その意味では、主人公の成長と挫折を大人を凌ぐ鋭敏な感覚で見守っていたのが彼女であり、その敏感すぎる感受性ゆえに、きな子を連れて杏子に会いに行こうとするわけです。

そのちょっと無謀とも思える行動自体が「子供らしさ」ということにもなるわけですが、生意気な言動を盛り込む一方で、しっかりと新菜ちゃんの「子供らしさ」を随所に盛り込んでいる点が、この脚本の巧みなところです。「決行日」に向けてテルテル坊主を吊るすあたりも子供らしさだったし、杏子ときな子に見つけてもらって「あんたらに助けられるとは私も地に落ちたもんや」という軽口を言った直後に、わんわんと泣き出した新菜ちゃんを見て、私はホッとすると同時に作り手の子供についての考え方とその描写がとてもしっかりしたものだったことを確認しました。序盤には、新菜ちゃんの母・園子(戸田菜穂)が、生意気な口を利く娘について「こんな仕事してるから、あんまり構ってあげられなくてね」と杏子に釈明していますが、このあたりは新菜ちゃんがその独特の感性を研ぎ澄ませることになる家庭環境を説明する描写になっていて、新菜ちゃんというキャラクターに説得力を持たせることに成功しています。

ちょっとまわりくどくなりましたが、本作における子供が果たす役割と子供が有する性質というものは、ガンダムシリーズにおける子供のそれに影響を受けているような気がするのは、私の感覚が「ニュータイプ」だからでしょうか(笑)。もっともそんな考えを巡らせてしまったのは、先にも述べたある客観的な事実に端を発しているに過ぎないということは認めなければならないところで、まったくの的外れの可能性もあります。ただし、私と同世代のクリエイターと呼ばれる人たちの中には、ガンダムシリーズの影響を強く受けて、その創作物に反映させている人が多いというのもまた事実だと思います。

だからといって、本作の脚本をガンダムとの比較で論じるのはいささか飛躍しすぎということになるかもしれませんが、少なくとも本編では、子供の潜在能力に着目し、子供ならではの独特の感性のようなものを随所に盛り込むことによって物語を巧みに展開させており、とても優秀な脚本であることは間違いありません。

総合評価 ★★★☆☆
 物語 ★★★★
 配役 ★★★☆☆
 演出 ★★★☆☆
 映像 ★★★☆☆
 音楽 ★★★☆☆

「きな子」が一切登場しないレビューになってしまいましたが(^^;、
夏帆ちゃんもきな子もとても素晴らしいお芝居を披露してくれていました。
あんまり難しいことを考えなくてもいい映画というのもたまにはいいですね。
2010082301.jpg


nice!(4)  コメント(0)  トラックバック(3) 
共通テーマ:映画

(P)ハナミズキ [映画プレビュー]

2010081601.jpg
(C)2010 映画「ハナミズキ」製作委員会

『ハナミズキ』
(8月21日公開 東宝 128分 公式サイト
監督:土井裕泰 脚本:吉田紀子 主演:新垣結衣、生田斗真

近年のテレビドラマの視聴率が低迷しているのは周知の事実ですが、
かつてはドル箱だったラブストーリーというジャンルにおいても、その傾向は例外ではありません。
テレビ局は、そんな状況にあっても、コメディ要素やスポ根要素を加味するなどの工夫を施して
ラブストーリーを供給してくれているわけですが、さすがに「純愛」路線のラブストーリーはほとんど見られなくなりました。
今クールのドラマで言えば、日本テレビの『美丘~君といた日々』がこの路線に該当するかもしれませんが、
やっぱり視聴率は1桁台に低迷しており、視聴者の嗜好がここ数年で劇的に変化していることは明らかです。
原作の石田衣良さんは「ラブストーリー冬の時代」と言われる今、
あえてこの作品をドラマ化しようとする制作者の姿勢を賞賛していましたが、私もまったく同じ気持ちです。

この傾向が映画にも当てはまるのかについては、ちょっと判断しかねているところで、
というのも、近年のラブストーリーというジャンルに当てはまる日本映画作品は、
表向きは「純愛」を謳っていてもその裏側に介在している制作者の意図が「不純」であると感じる作品が多いからです。
以下に例としてTBSがここ数年で製作した映画のうち、ラブストーリーとそれに準ずる作品を提示します。

 TitleCastDirectorScreenplayProceeds
(興行収入)
 『世界の中心で、愛をさけぶ』(2004年)
『いま、会いにゆきます』(2004年)
『この胸いっぱいの愛を』(2005年)
『涙そうそう』(2006年)
そのときは彼によろしく』(2007年)
『Life 天国で君に逢えたら』(2007年)
『恋空』(2007年)
余命1ヶ月の花嫁』(2009年)
大沢たかお、柴咲コウ
竹内結子、中村獅童
伊藤英明、ミムラ
妻夫木聡、長澤まさみ
長澤まさみ、山田孝之
大沢たかお、伊東美咲
新垣結衣、三浦春馬
榮倉奈々、瑛太
行定勲
土井裕泰
塩田明彦
土井裕泰
平川雄一朗
新城毅彦
今井夏木
廣木隆一
坂元裕二、伊藤ちひろ
岡田惠和
鈴木謙一、渡辺千穂
吉田紀子
いずみ吉紘、石井薫
斉藤ひろし、吉田智子
渡邉睦月
斉藤ひろし
85.0
48.0
8.0
31.0
4.6
17.0
39.0
31.5
 
 ※ 配給はいずれも東宝。興行収入の単位は(億円)。 

『いま、会いにゆきます』と『この胸いっぱいの愛を』はファンタジー要素が強い作品で、
『涙そうそう』のテーマは「兄妹愛」ということになり、ラブストーリーとひとくくりにすることはできませんが、
『世界の中心で、愛をさけぶ』の大ヒット以降、
少なくともTBS製作の映画において、そのドラマの作り方が大きく変化したのは明らかで、
お気づきかと思いますが、上記の作品では例外なく主要な登場人物が命を落とします。
『Life 天国で君に逢えたら』以降はもう、「人の死」を物語の中心に据えており、
かつては「きわもの」ですらあったこの手のストーリーが「正統派」になりつつあるのにはちょっと違和感を感じています。

そんな中、今夏、TBSが送り出す『ハナミズキ』は、原点回帰ともいうべき王道のラブストーリーであり、
真の「純愛」を描く伝統的なラブストーリーへの回帰は、行き過ぎたラブストーリーの脚色に対する
製作者のバランス感覚が働いているような気がして、私は好意的に受け止めています。
また、映画やドラマ製作者の「正統派ラブストーリーを作りたい」という欲求は
いつの時代も失われたことはないはずで、テレビでは数々の名作ラブストーリーを演出してきた
TBSの土井裕泰監督の手腕が映画という形で久しぶりに観られるのをとても喜んでいます。
私はラブストーリーの演出というものは、「恥ずかしいこと」を平気でできないと成立しないものだと考えていて、
その点で言えば、土井裕泰監督はフジテレビの永山耕三監督と並ぶ2大演出家であり、
映画だからこそ成立する「恥ずかしい演出」には大いに期待したいところです。

私は、ベタなラブストーリーでも本当に「いいもの」を作れば、
まだまだ観客や視聴者に受け入れてもらえることをこの『ハナミズキ』が証明してくれることを願っています。
『世界の中心で、愛をさけぶ』が大きなターニングポイントとなって映画界に大きなムーブメントを起こしたように、
この『ハナミズキ』がもうひとつのターニングポイントとなって、
映画界のみならず、テレビ界にも正統派ラブストーリーへの回帰と挑戦を促すような作品となることを期待しています。

関連記事 : ハナミズキ (上) (2010-09-01)
ハナミズキ (下) (2010-09-05
)


nice!(2)  コメント(3)  トラックバック(0) 
共通テーマ:映画

龍馬伝 第32回 [ドラマレビュー]

『龍馬伝』
第32回

( 2010年 NHK 公式サイト )
演出:梶原登城 脚本:福田靖 主演:福山雅治

NHKの大河ドラマに対する私見を申し上げれば、
ドラマを見ることによって、視聴者が歴史を学べる、あるいは歴史に興味を持つという側面を製作者が軽視してしまうと、
視聴率云々以前に、その存在意義はいよいよ薄くならざるを得ないと思っています。
私は、小学生だった1987年の『独眼流政宗』以来、学生時代は大河ドラマを欠かさず視聴し、
日本史が大好きになった世代で、時代小説が大好きなのもその影響かもしれません。

しかし、近年の大河ドラマは、時代の要請を加味したものなのか、
視聴率の低下に歯止めを掛けるためなのか、ストーリーの核が「歴史ドラマ」から「人間ドラマ」にシフトしており、
製作者独自の解釈に基づいて創作された「その場限りのドラマ」をもって「歴史」を感じ取るのは困難になりつつあります。
そのような歴史を軽視したドラマのスケール感の減退は「大河」という名称にふさわしいものとは言えず、
ただの「ドラマ」でしかなくなっていると感じるのは私だけでしょうか。

本年の『龍馬伝』については、主人公の生涯が短いということもあって、
史実だけでドラマを成立させるのは困難であることは理解できるし、
その分「人間ドラマ」を膨らませて新たにエピソードを創作しなければならない事情も理解できます。
ただし、「人間ドラマ」を重視しすぎて、史実との整合性を軽視してしまう製作者の姿勢は理解に苦しむところで、
史実を都合よく歪曲して作り上げたストーリーは、視聴者に歴史に対する誤った認識を植えつけかねず、
大げさに言えば、そのような社会的責任をNHKはどのように考えているのでしょうか。

今回、『龍馬伝』を取り上げる気になったのは、
日本史における幕末を語る上で、最重要人物のひとりである近藤勇についての描写があまりにも杜撰だったからです。
「狙われた龍馬」というサブタイトルは、ちとタイミングは早いがいよいよ「寺田屋事件」かと思わせましたが、
ふたを開けてみれば、龍馬の命を狙ったのはなんと近藤勇だったわけです。
坂本龍馬と近藤勇が寺田屋でばったり遭遇したなどという史実があったとは思えませんが、
(そもそも面識があったかどうかも甚だ怪しい)
私はそのこと自体をどうこう言うつもりはありません。
今回どうしても言及しておきたいのが、「新撰組局長・近藤勇」についての人物描写です。

ドラマ制作上、製作者が今週回で描写したかった要素を整理すると、

(1)薩長同盟前夜
(2)龍馬とお龍の関係確認
(3)千葉重太郎の再登場
(4)龍馬と近藤の対峙

となると思います。(1)は史実描写にあたる部分で、(2)(3)(4)が人間ドラマと言うことになりますが、
製作者の「ドラマ作り」という視点で考えると、実は最も重要なのが(4)だったのではないかと想像しています。
このタイミングであえて「龍馬と近藤(新撰組)の対峙」を盛り込まなければならない理由は、ひとつしかありません。
このドラマの製作者は龍馬暗殺の下手人(犯人)を新撰組に仕立てようとしている可能性があります。
龍馬暗殺犯については歴史上最大級の謎であって、作り手の解釈が入り込むことを否定するつもりはありません。
しかし、ドラマのストーリーを製作者が意図した方向に導くために、歴史上の人物の言動を都合よく創作して、
史実との整合性を歪曲してしまう製作者の姿勢はちょっと褒められたものではありません。

今週回における近藤勇の行動について奇異と思われる描写を以下に示します。

(1)女に会うために単独で寺田屋に出入りしている
(2)薩摩藩士を名乗る初対面の武士を酒席に招き入れる
(3)すでに面識があるはずの龍馬の人相に気がつかない
(4)刀の柄で鳩尾(みぞおち)を突かれて半日以上気を失う
(5)龍馬の寝所を襲うが、同室していたのが千葉重太郎と聞いて逃げる

粗捜しに過ぎないと言われればそれまでですが、このドラマにおける近藤勇は、
・大変思慮の浅い人物で、
・なおかつ剣を抜く前に命を奪われかねなかった剣豪とは程遠い人物で、
・相手の名前を聞いて分が悪いと察すると逃げてしまう大変臆病な人物、ということになり、
少なくともこのドラマの製作者が近藤勇をそのような人物として表現したのは紛れもない事実ということになるでしょう。

さらに、寺田屋を後にした近藤は、「今回は見逃してやる」と言わんばかりの表情でその場を立ち去りますが、
攘夷派の岡田以蔵を逃がした「敵」を目の前にしてそんな甘っちょろいことがありえるでしょうか。
百歩譲って近藤が分が悪いと察したとしても、使いを新撰組の屯所にやって加勢を呼んだ上で再度襲撃するのが、
攘夷派掃討を任務とする新撰組の行動論理だと思います。あの場で龍馬と遭遇したのは千載一遇の好機ですから。
この近藤の行動は史実における新撰組の役割と大きく乖離しており、表現上も大きな矛盾を抱えているわけです。

その一方で、龍馬はというと、どういうわけか近藤が加勢を呼んで再度襲撃してくる可能性を微塵も想定せず、
あろうことか同じ部屋で笑いながら再度就寝しようとします。

龍馬は口先では、「わしのようなもんは、いつどこで誰に狙われよるかわからんですき」と言いながら、
あるいは「死んだら何にもならんぜよ」と言いながら、
その行動と自らの命に対する緊張感の無さは、表現の矛盾と言われても仕方がないと思います。

私は大河ドラマが表現する「人間ドラマ」というものは、
あくまでも史実の上に成立するものでなければならないと思います。

龍馬暗殺という史実について製作者の解釈が入ることを否定するつもりはありませんが、
史実を作るために矛盾に満ちた「人間ドラマ」を創作するのは本末転倒と言わざるを得ません。
作り手の都合で史実を歪曲し、その場限りで創作された人間ドラマには正直辟易しています。

私が見たいのは、たとえば『太平記』(1991年)における「観応の擾乱」という史実に基づいた
足利尊氏と足利直義の不毛な兄弟喧嘩がもたらす悲哀に満ちた人間ドラマです。
あるいは、たとえば『篤姫』(2008年)において政治上長らく反目しあっていた天璋院と井伊直弼が、
「桜田門外の変」という史実の前夜に、それぞれの言動の根底にあった共通の想いを知って心を通わせたのに、
一方が命を落とさなければならないという不条理な人間ドラマです。

関連記事 : 龍馬伝 最終回(2010-11-29)


タグ:大河ドラマ
nice!(5)  コメント(4)  トラックバック(1) 
共通テーマ:テレビ

(P)きな子~見習い警察犬の物語~ [映画プレビュー]

2010080601.jpg
(C)2010 「きな子~見習い警察犬の物語~」製作委員会

『きな子~見習い警察犬の物語~』
(8月14日公開 松竹 113分 公式サイト
監督:小林義則 脚本:浜田秀哉、俵喜都 主演:夏帆

『クイール』『子ぎつねヘレン』『犬と私の10の約束』から続く松竹動物シリーズの系譜。

劇場で見たものはひとつもないんですが、本作については予告編を見てからというもの、
絶対に劇場で見るつもりになっています。

夏帆ちゃんはおよそ2年ぶりの映画主演。
「オトメン(乙男)」は夏帆ちゃん目当てでがんばって見てましたが、
岡田将生くん同様、やっぱりスクリーンで観たい女優さんです。
彼女のお芝居の潜在能力はまだまだ全開ではないはずで、
今回はどんな新味を見せてくれるのかが楽しみな19歳です。

監督は共同テレビの小林義則監督。
脚本は『絶対零度~未解決事件特命捜査』で勝手にべた褒めした浜田秀哉さんと聞いては、
否が応にも期待感が高まってしまいます。

「おまえという未熟な訓練士を育てるためにきな子がおる。きな子という未熟な警察犬を育てるためにおまえがおる」

予告編に登場するこの台詞は、作品のテーマと全容を表現しきってしまう本当に素晴らしい台詞だと思います。
この台詞と浜田秀哉さんが結びついてしまうと、私の期待感はそれだけで高まってしまいます。
香川県の丸亀市を舞台にしていて、方言がしっかりと盛り込まれている点も好感が持てます。
演出上は「地方色」をどのうように物語に織り込んでいくのかに注目したいところです。

関連記事 : きな子~見習い警察犬の物語~(2010-08-23)


nice!(1)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:映画

ふたりの365日・夏 - NTT東日本 [CMレビュー]


NTT東日本
『ふたりの365日・夏』
( 2010年 /NTTアド= 電通テック=TUGBOAT )
クリエイティブ・ディレクター:岡康道 音楽:Mr.Children「365日」 出演:新垣結衣、中村蒼

          Company site  / Commercial site  / Wikipedia          

今回取り上げるのは、NTT東日本の企業CMです。
このCMが好きというよりも、ただのガッキー好きの可能性もありますが、、、(^^;

新垣結衣ちゃんは、NTT東日本のCMでは、
「フレッツ・光」のCMキャラクターを長らく務めていましたが、今月から企業CMにも登場。
東京メトロのCMでも感じたことですが、彼女はこの種のブランディング広告には適任の女優さんだと思います。

新垣結衣ちゃんが同世代の女優さんの中でもちょっと独特な点は、
そのお芝居が「小手先の自己主張」をしないところで、
そのナチュラルさは、時に「無表情」と捉えられたりもするわけですが、
そんな「たたずまい」の中から生まれる感情表現は、とても説得力があったりします。
その意味では「コード・ブルー~ドクターヘリ緊急救命」の白石恵というクールな役柄はとてもハマリ役だったと思います。

このCMは、前回紹介した東京メトロのCMと同系統の企業CMとなりますが、
近年、何気ない日常に寄り添う企業のブランドイメージというものを表現するCMが増えてきています。
私は、この種のCFでは、映像の細部への思慮が行き届いたとても繊細な演出が要求されると思っています。  

このCMの前半部分では、共演の中村蒼君と併せて、ふたりの「無表情」が徹底して描写されていきます。
この「無表情」は、都会で暮らす一人暮らしの若者の日常をリアルに表現するもので、
駅のホームで食べるメロンパンとか、狭いアパートの部屋にある一人の食卓の風景といったものには、
寂しいですけど確実に存在する「無機質な都会」という社会風刺みたいなものが込められているような気がしています。
個人的には学生時代を思い出して、ちょっと身に詰まされる想いもありました。

 2010080702.jpg 

しかし、その印象は最後の5秒で劇的に転換します。
パン屋さんでパンを買う、というもうひとつの日常の中に、それまでになかった「表情」が生まれるわけです。
二人の目が合った瞬間に生まれるそれぞれの「表情」がとても魅力的に映るのは、
前半部分で徹底して描写された「無表情」との落差であることは間違いのないところでしょう。
そして、二人の目が合ったときの新垣結衣ちゃんの表情がとてもナチュラルで、
その芝居をしていない、媚びていない感じが企業イメージを好印象に導いていると思います。

 2010080701.jpg 

このカット一発でその印象をガラリと変える演出はとても巧みなもので、
ご覧のとおり、すごく微妙な表情の変化なんですけど、その変化を顔寄りではなくて、
あえてこのサイズで撮ることで、押し付けがましくないさわやかな余韻を残してくれます。
そして、この微妙な変化がもたらす余韻は、新垣結衣ちゃん独特の存在感でこそ為せる表現だったと思います。

私がディレクターなら、たぶんこのカットは「顔寄り」にしちゃってたと思います。
だってガッキーなんだもん、フェイスショットでまとめたいと思うのが人情でしょう、、、(^^ゞ。

関連記事 : 東京メトロ 『TOKYO HEART つながる瞬間』


nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(1) 
共通テーマ:テレビ

seesaa_plugin_qrcode_12062.png