So-net無料ブログ作成
検索選択

引き出しの中のラブレター [映画レビュー]

引き出しの中のラブレター [DVD]

[ DVD ]
引き出しの中のラブレター

( よしもとアール・アンド・シー / ASIN:B002ZFYIWY )

『引き出しの中のラブレター』
(2009年 松竹 119分)
監督:三城真一 脚本:藤井清美 、鈴木友海 出演:常盤貴子、林遣都、仲代達矢
          Official Wikipedia / Kinejun          

2010052201.jpg
(C) 2009 「引き出しの中のラブレター」パートナーズ 

TBS系列の制作会社ドリマックス・テレビジョン所属の三城真一監督は、近年では主にドラマプロデューサーとして活躍していますが、TBSに所属していた頃はかなりの数のテレビドラマにおいて演出も担当していました。三城監督のようにそのキャリアにおいてプロデュースと演出を満遍なくこなしているテレビマンはちょっと思い浮かびません。プロデューサーと演出を兼任できるテレビマンがそう多くないのは、至極当然のことで、プロデューサーには制作全体を俯瞰できるバランス感覚が要求されるますが、演出担当者は作家として映像の細部への配慮とこだわりが要求され、その役割は対極に位置するものとなっています。特に演出に強い作家性が求められるドラマというジャンルにおいては、分業体制が確立されており、三城監督のようなテレビマンは貴重な存在と言えます。

本作においては、三城真一監督は監督業に専念しているわけですが、プロデューサーとしての経験に基づくバランス感覚や物語と客観的に向き合う姿勢といったものが作品にきっちりと生かされていたような気がします。具体的に言えば、本作における基本的な演出手法がテレビドラマの延長線上にあるものではなく、はっきりと映画仕様になっている点を高く評価したいところです。長回しと引き絵を多用した演出手法は映画に相応しいもので、本作がテレビドラマではなく、映画でなければ成立しなかったということを証明してくれています。それでいて自身の演出家としての作家性を前面に出すようなこともなく、分をわきまえた演出姿勢には好感が持てました。これだけ秀逸な脚本の映像化で監督が自己主張することほど見苦しいものはなく、物語が持つ魅力を冷静に捉えて、それを引き出そうとする態度は三城監督のキャリアからくるものであることは想像に難くありません。

~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~ 

本作脚本の最大の特徴が巧妙な「ダマシ」にあることは、ご覧になられた方にはすぐに理解いただけると思います。私は終盤に畳み掛けるように明らかになる新事実を感嘆と感涙をもって受け入れ、ただただスクリーンに見入ってしまったのですが、今回見直してみると、その新事実に至る過程は、実に巧妙で、それでいてわかりやすい仕掛けで満ち溢れていました。

今回は露骨にネタバレしますが、本作が表現していく「心の奥に仕舞った大切な人への想い」(=引き出しの中のラブレター)は、個別のエピソードとして多様な登場人物に託されており、前半から中盤にかけてはオムニバスの様相を呈しています。まずは以下に前半部分における登場人物の相関関係を整理してみたいと思います。

  <想いを伝えられずにいる人>   <想いを伝える対象>
 (1) 稲村太郎
(タクシードライバー)
岩尾望  (離れて暮らす家族)
 (2) 松田由梨
(ブティックのオーナー)
中島知子  松田晶子
(母)
八千草薫
 (3) 中倉晃平
(医師)
竹財輝之助  粟島可奈子
(ブティックの店長)
本上まなみ
 (4) 速見恭三
(函館の漁師)
仲代達矢  速見健一
(息子)
豊原功補
 (5) 速見直樹
(函館の高校生)
林遣都  黒沢留美
(同級生)
水沢奈子
 (6) 久保田真生
(主人公)
常盤貴子  後藤大介
(恋人)
萩原聖人

確認しておきますが、これは前半部分で我々が認識可能な登場人物の関係性です。そして、この相関関係の一部を意図的にミスリードしているところが「ダマシ」であり、本作の脚本の肝とも言うべき要素となっています。このうち、(1)は基本形ともいうべきパターンで、最終的に主人公がパーソナリティを務めるラジオ番組を通じて家族の想いが伝わります。(2)についてもラジオ番組を聴いた直後に娘が素直な気持ちをもって母への感謝を表現しており、これも一つの独立したパターンとして成立しています。認識が完全に誤っているのが(3)で、明らかに我々をミスリードすべく、巧妙な脚本構成と演出をもって描写されています。

たとえば、粟島可奈子は久保田真生との会話の中で「年下」の彼と別れたことを示唆している一方で、中倉晃平は「年上」の女性との結婚を認めてもらうべく、両親を説得しており、この二人は「年上」と「年下」というキーワードで結び付けられています。さらに、中倉晃平は、可奈子の店を訪れたシーンでその優柔不断ぶりを発揮しており、我々が認識するのは二人の恋愛関係におけるごく単純なすれ違いがそこに存在しているということです。また、演出的にはこの二人のシーンが常に連結して描写されている点も見逃せません。

さて、(4)と(6)は主人公が直接関係する物語の「本筋」とも言うべきエピソードですが、物語の本筋とはもっとも遠い位置にいる(1)が終盤にかけて我々をミスリードする役割を果たしているところも大変興味深いところです。(2)も独立したパターンとして存在していたわけですが、産気づいた松田由梨を稲村太郎がタクシーで病院に運ぶシーンで(1)と(2)が結びつくと、誰もが医師である中倉晃平の病院に到着するものと勘違いしたんじゃないでしょうか。つまり、前半においてそれぞれが独立したオムニバスの様相を呈していた(1)(2)(3)が最終的に繋がるところがこの物語のもうひとつの「別筋」だと考えられるわけです。しかし、病院に到着しても中倉晃平が登場しないことから、我々が想像した予定調和の認識が少しずつ崩壊していきます。

そして、番組に届いた速見恭三の手紙が息子ではなく別離した妻に宛てたものであることが明らかになったとき、唐突に正しい相関関係が明らかになり、ラジオ番組をきっかけにして、登場人物それぞれの想いがそれぞれの相手に劇的に伝わり始めます。以下は最終的に明らかになる登場人物の相関関係です。

  <想いを伝えられずにいる人>   <想いを伝える対象>
 (1) 稲村太郎
(タクシードライバー)
岩尾望  (離れて暮らす家族)
 (2) 松田由梨
(ブティックのオーナー)
中島知子  松田晶子
(母)
八千草薫
 (3) 中倉晃平
(医師)
竹財輝之助  松田由梨
(恋人)
中島知子
 (4) 速見恭三
(函館の漁師)
仲代達矢  松田晶子
(元妻)
八千草薫
    速見健一
(息子)
豊原功補
 (5) 速見直樹
(函館の高校生)
林遣都  黒沢留美
(同級生)
水沢奈子
 (6) 久保田真生
(主人公)
常盤貴子  後藤大介
(恋人)
萩原聖人

なんと言っても、(4)が(2)に飛び火するとはまったく思いもよらなかったことですが、不思議なことに我々は瞬時にその新事実を受け入れることができてしまいます。これらの最終的な人物相関を知った上で改めて観てみると、速見恭三と松田晶子の関係を匂わす描写というと、別離した妻が東京出身だったという事実ぐらいのもので、ほぼ皆無だったと言っていいでしょう。それにもかかわらず、我々が何の違和感も感じることなく、この唐突な新事実を受け入れることができるのは、この二人の人物描写にそれまでの生き方のようなものがしっかりと刻み込まれていたからとしか言いようがありません。同時にそこには超ベテラン俳優お二人の魅力的なお芝居が大いに貢献していることは言うまでもありません。

さて、これに続いて畳み掛けるように明らかになるのが、(3)ということになりますが、(4)でこの作品が表現したかった人間関係の本質とその表現手法を目の当たりにしてしまった我々は、もはやどんな唐突な新事実も感動をもって受け入れるしかありません。もう完全に製作者の術中にはまっているのです。そして、その心地良さと言ったら未だかつて体験したことがないような種類のもので、それがエンドロール終了後のエピローグに至るまでおよそ20分間にわたって継続します。これは邦画史上屈指のラスト20分間と言っても過言ではなく、登場したすべての人たちの想いが伝わっていくエンドロールまでもが高い完成度を誇っています。

本作の脚本については、語っても語り尽くせないほどに細部にまで緻密な計算が存在しており、2度目の鑑賞がこんなに楽しい映画は初めてだし、2度目でも同じように感動できる極めて完成度の高い秀作です。まだご覧になられていない方には、自信を持ってオススメできるし、すでにご覧になられている方にも再度の鑑賞をオススメします。そして、ラストの20分間を是非とも堪能してください。

総合評価 ★★★★★
 物語 ★★★★★★(星6つ!)
 配役 ★★★★★
 演出 ★★★★★
 映像 ★★★★★

 音楽 ★★★★★


nice!(2)  コメント(2)  トラックバック(1) 
共通テーマ:映画

(3)月の恋人 ~Moon Lovers~ [ドラマレビュー]

『月の恋人 ~Moon Lovers~』
第3回

(2010年 フジテレビ 放送回数未定)
演出:平野眞 脚本:浅野妙子 出演:木村拓哉、篠原涼子、リン・チーリン、松田翔太、北川景子
          Official Wikipedia / TV Drama DB          

第3回視聴率、15.6%。
下げ幅は予想以上でしたが、下がったのは予想通りで、
思ったより早い段階でこのレベルまで下がってしまったということです。

このドラマの特異なところは、
脚本担当者とは別に、「脚本協力」「構成協力」「リサーチ」というスタッフが存在しているところです。
このドラマのストーリー構成に関係している(クレジット上の)スタッフは以下のとおり。

 原作道尾秀介
 脚本浅野妙子、池上純哉
 脚本協力古家和尚、高橋幹子
 構成協力山上ちはる
 リサーチ喜多あおい(ジーワン)

この他には、プロデューサーも当然ストーリー構成に影響を及ぼします。
脚本協力と構成協力の違いがよくわかりませんが、
これだけの人材が束になって創作したドラマの内容がこの有様。
最初から実力のある脚本家に一本化すればいいのに思うのは私だけでしょうか。
前にも触れましたが、浅野妙子さんによる単独(あるいはオリジナル)
脚本でどんな問題があったと言うんでしょうか。

さて、このドラマのストーリー展開について真正面から批評するのはナンセンスであるという思いは変わりませんが、
そのことを前提に興味本位でストーリーの粗探しを始めてみると、それはそれで面白いものです。

今回一番突っ込みを入れておきたいのが、
主人公の部下、雉畑藤吾(渡辺いっけい)による上海工場運営についての提案を主人公が却下したときの理由です。
ワークシェアリングという極めてまっとうな提案に対して、主人公は:

「こういうことはあなたの統制力を疑わせることになる」
「現場が混乱して収拾がつかなくなる」

この提案はそもそも「現場が混乱」しているから為されているはずのものだし、
上海工場の労働者に対して譲歩する提案だから、現場責任者の求心力が回復することはあっても
統制力が失われることはないはずです。わけのわからない理由を主人公に言わせるぐらいなら、
「決定事項です」のようなセリフでバッサリ切り捨てる方がまだ納得がいきます。
もっともこのシーンは部下に対して冷徹な態度を取るようになった主人公の心情の変化を印象付けるために存在していて、
このシーンのエピソードそのものは物語の本筋とはあまり関係がないのは確かです。

しかし、ドラマの内容とその本質というものは、このような瑣末なエピソードに如実に現れてくるものです。
指摘したような極めて杜撰なエピソードとセリフで主人公の心情の変化という重要要素を成立させようとするのは
いささか強引であり、多少の矛盾点には目をつぶってしまうような製作者の態度には好感が持てません。
そんなものづくりの態度でいいドラマが作れるわけがなく、
このエピソードは製作者の思慮の浅さと「手抜き」を印象付けるものと言えると思います。

先に列挙した人たちが創作したエピソードが「これ」であることは言い訳のできない事実であり、
しかも、誰もこのエピソードとセリフの論理的矛盾に気がつかない、あるいは目をつぶっているところが
このドラマを創っている人たちの実態です。

来週の視聴率予想、14.9%。

関連記事 : (1)月の恋人 ~Moon Lovers~
(2)月の恋人 ~Moon Lovers~
(4)月の恋人 ~Moon Lovers~
(5)月の恋人 ~Moon Lovers~
(6)月の恋人 ~Moon Lovers~
(7)月の恋人 ~Moon Lovers~


nice!(1)  コメント(2)  トラックバック(0) 
共通テーマ:テレビ

独断と偏見!月9ヒロインランキング! [ドラマレビュー]

現在、関東地方では、木村拓哉さん主演の『プライド』(2004年)が再放送されています。
私は、このドラマを見るのは3度目なんですが、ヒロインの村瀬亜樹というキャラクターは、
月9史上、最高のヒロインなのではないかと改めて思いまして、
それを確認するために過去20年余りの月9ドラマを振り返って、独断と偏見に基づくランキングを作成してみました。

選考基準は、純粋にキャラクターの「女性としての魅力」(セックスアピール)を評価したものであって、
ドラマ制作上のキャラクター設定など、技術的な観点は考慮しませんでした。
たとえば、『ロングバケーション』の葉山南(山口智子)は、それこそドラマ史に残る魅力的なキャラクターではありますが、
ドラマでなければ「絶対に」成立しないキャラクターであって、現実的な視点で女性としての魅力を評価すると、
ちょっと性質が違うような気がしています。『東京ラブストーリー』の赤名リカ(鈴木保奈美)も同様の理由でランク外です。

平たく言えば「(私が)恋人にしたいヒロインランキング」ということになります。(←わかりやすい!^^;

 RankActressName of RoleTitleCo-starScriptChief-Dir.
 第1位竹内 結子村瀬 亜樹プライド
(2004年1月期)
木村拓哉野島伸司中江功
第2位竹内 結子麦田 なつみランチの女王
(2002年7月期)
江口洋介大森美香水田成英
 第3位酒井 法子柏木 小雪ひとつ屋根の下
(1993年4月期)
江口洋介野島伸司永山耕三
 第4位深津 絵里牧野 衣咲スローダンス
(2005年7月期)
妻夫木聡衛藤凛永山耕三
 第5位竹内 結子白戸 美桜薔薇のない花屋
(2008年1月期)
香取慎吾野島伸司中江功
 第6位深津 絵里美山 理香CHANGE
(2006年4月期)
木村拓哉福田靖澤田鎌作
 第7位中山 美穂吉倉 弥生For You
(1995年1月期)
高橋克典中園ミホ石坂理江子
 第8位松 たか子高梨 美久じんべえ
(1998年10月期)
田村正和吉田紀子永山耕三
 第9位稲森 いずみ原田 早知天気予報の恋人
(2000年4月期)
佐藤浩市岡田惠和星田良子
 第10位深津 絵里金子 祥子天気予報の恋人
(2000年4月期)
佐藤浩市岡田惠和星田良子
 第11位中山 美穂藤原 百恵おいしい関係
(1996年10月期)
唐沢寿明野沢尚河毛俊作
 第12位松 たか子谷町 瑞穂いつもふたりで
(2003年1月期)
坂口憲二相沢友子中江功
 第13位 和久井 映見桜井 和美バージンロード
(1997年1月期)
反町隆史龍居由佳里光野道夫
 第14位中山 美穂林 ななすてきな片想い
(1990年10月期)
柳葉敏郎野島伸司河毛俊作
 第15位和久井 映見松井 ゆき子妹よ
(1994年10月期)
唐沢寿明水橋文美江永山耕三
 第16位江角 マキコ笠原 夏樹オーバー・タイム
(1999年1月期)
反町隆史北川悦吏子武内英樹
 第17位上戸 彩 飛田 春乃婚カツ!
(2009年4月期)
中居正広龍居由佳里鈴木雅之
 第18位松 たか子雨宮 舞子HERO
(2001年1月期)
木村拓哉福田靖鈴木雅之
 第19位竹内 結子蒼井 仁子不機嫌なジーン
(2005年1月期)
内野聖陽大森美香澤田鎌作
 第20位長澤 まさみ吉田 礼プロポーズ大作戦
(2007年4月期)
山下智久金子茂樹成田岳
      ※2014年7月改訂

90年代の作品はほぼ網羅しているつもりですが、最近の作品には少なからず観ていない作品も存在していて、
それらの作品のヒロインは評価不能ですので、完璧なランキングとは言えないのがちょっと残念です。
『愛し君へ』『東京湾景』『できちゃった結婚』『トップキャスター』はまったく見たことがありません。

私が竹内結子ちゃんのことを大好きである、という事実を否定するつもりはありませんが(^^ゞ、
脚本の野島伸司氏の名前が上位に連なっているのはおそらく偶然ではなく、
むしろ野島伸司氏が創り上げるヒロインが大好きと言った方がいいのかもしれません。
こうやって振り返ってみて、魅力的な女性を創作できる脚本家はそう多くはいないということを確認してしまいました。
北川悦吏子さんは月9を合計6本書いてますが、少なくとも男性受けする女性キャラクターは少ないような気がします。
やはり女性目線で評価すると全然変わってきそうです。

ディレクターとして永山耕三氏の名前が多いのは単純に最も月9を演出した経験が豊富だからです。
永山演出のドラマについては、ここに登場していないものの方が圧倒的に多いです。
永山氏の代表作には『東京ラブストーリー』『ロングバケーション』『ラブジェネレーション』などがあり、
月9といえばこの人、もっといえばフジテレビのドラマといえばこの人、という存在。
最近作は『ブザー・ビート~崖っぷちのヒーロー』(2009年)です。

ヒロインを立たせるという意味で一番うまいディレクターとしては宮本理江子(石坂は旧姓)さんを挙げておきます。
月9以外の代表作としては、『夏子の酒』『きらきらひかる』『タブロイド』『彼女たちの時代』などがあります。
脚本家の山田太一氏を父に持つ宮本理江子さんは、近年では完全に月9路線のドラマを離れて、
ヒューマンドラマ専門のディレクターにシフトしており、最近作は『風のガーデン』(2008年)です。

現在放送されている『月の恋人~Moon Lovers~』のヒロインは、到底ランクインしそうもありません、、、
ただし、リン・チーリンさんがとてもキレイで魅力的な女性だということは誰もが認めるところだと思います。


nice!(1)  コメント(0)  トラックバック(1) 
共通テーマ:テレビ

(2)月の恋人 ~Moon Lovers~ [ドラマレビュー]

『月の恋人 ~Moon Lovers~』
第2回

(2010年 フジテレビ 放送回数未定)
演出:平野眞 脚本:浅野妙子 出演:木村拓哉、篠原涼子、リン・チーリン、松田翔太、北川景子
          Official Wikipedia / TV Drama DB          

第2回視聴率、19.2%。
やっぱり下がりましたが、私の感覚では意外に踏ん張っているという感じでしょうか。
第2回の感想を申し上げれば、「やっぱり面白くない」の一言。
主人公に好感が持てないのは致命的です。ああいうキャラクターは、女性には受けるんでしょうか。
木村拓哉さんが演じる役柄としては今に始まったことではありませんが、
女性をやたらに「オマエ」呼ばわりするのは不愉快です。

さて、今回は冒頭から失笑してしまいました。
第1回の「おまえが欲しい」というセリフも消化できていないのに、
いきなり「レゴリスを雨のような企業にしたい」と言われてもなんだかよくわかりません。
雨についてのエピソードは、前回の4枚のコインが形作るアメンボの意匠に始まっていますが、
それ自体降って沸いたような話だったし、ヒロインが「雨はキレイ」と語りだすのも、余りにも唐突で、
そこに主人公の経営理念に影響を及ぼすほどの深い意味があるとはとても考えられませんでした。

本作の脚本については、最初から緻密に練られているような印象が持てなくて、
そんなふうにストーリー展開を正面から批評するのもバカバカしいような気もしています。
少なくともセリフがいちいち空回りしていることは確かです。

辛うじてストーリー展開上期待ができるとすれば、
松田翔太君演じる主人公の部下のキャラクターに含みを持たせている点でしょうか。
遅くとも中盤までには彼の正体が一部でも明らかになると思いますが、
それ次第で、このドラマのクオリティの可否がいよいよ決定的になると思います。
原作小説は5月31日に発売されるということなので、彼の正体はそのあたりの週で明らかになりそうです。

来週の視聴率予想、17.5%。

関連記事 : (1)月の恋人 ~Moon Lovers~
(3)月の恋人 ~Moon Lovers~
(4)月の恋人 ~Moon Lovers~
(5)月の恋人 ~Moon Lovers~
(6)月の恋人 ~Moon Lovers~
(7)月の恋人 ~Moon Lovers~
(8)月の恋人 ~Moon Lovers~


nice!(1)  コメント(2)  トラックバック(2) 
共通テーマ:テレビ

TOKYO HEART つながる瞬間 - 東京メトロ [CMレビュー]


東京地下鉄株式会社
『TOKYO HEART つながる瞬間』 
( 2010年 / 風とロック=博報堂=ロックンロール食堂=SPOON )
ディレクター:箭内道彦 音楽:高橋優「福笑い」 出演:新垣結衣

          Company site  / Commercial site  / Wikipedia          

大好きなCMです。
東京の地下鉄を運営する東京地下鉄(通称:東京メトロ)のCMで、
一昨年あたりから、「TOKYO HEART」というキャッチコピーとともにシリーズ化されています。
商品広告ではない、いわゆる企業PRのためのブランディング広告で、
「人と人をつなぐ存在としての地下鉄」という企業イメージをさわやかな映像で表現しています。 

CMディレクターは、現在NHKの『トップランナー』という番組でMCを務めている箭内道彦(やないみちひこ)さんです。
番組ではゲストにとても面白い切り口で質問をなさる方で、いつも感心しているんですけど、
このCMはどちらかというと正攻法なので、ちょっと意外な感じもしています。

わずか1分間(テレビでは主に30秒)のCFですけど、全体から細部までのセンスが個人的にすごくハマってます(^^)。
まずは、ロケーションに神楽坂の裏路地を選ぶセンスに感服。
そして、有楽町線の車内で、となりの母娘と自然に心がつながる風景・・・
銀座でおじいちゃん、おばあちゃんと待ち合わせ・・・原宿でデートする高校生・・・
どれもほんの数秒のカットなのに暖かいものが心にしみてくるのは、映像マジックだと思います。

 2010051504.jpg2010051503.jpg 

個人的には新垣結衣ちゃんが着ている花柄ワンピースとピンクのカーディガンにもっともハマってます(^^ゞ。
昨年までは宮﨑あおいちゃんがCMキャラクターを務めていましたが、今春からは新垣結衣ちゃんにバトンタッチしました。
CMそのもののテイストはそのまま踏襲していますが、キャラクターが変わるだけでずいぶん印象も変わるものです。
宮﨑あおいちゃんの花が咲いたような笑顔も素敵でしたが、新垣結衣ちゃんはナチュラルな笑顔が魅力的です。

恋するマドリ』(2007年 シネカノン=オフィス・シロウズ)でも触れましたが、
新垣結衣ちゃんは、たたずまいの強烈な存在感とそれでいて自己主張しないお芝居のギャップが最大の武器で、
そんな彼女の魅力がこのCMのテイストに見事にマッチしているような気がしています。

関東ローカルのCMだと思うので、全国の方に知ってもらいたくて、珍しくCMを取り上げてみました(^^)。

~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~

ガッキーつながりで映画のお話も。
楽しみなのが、今年8月公開予定の『ハナミズキ』(東宝)。
一青窈さんの楽曲を映画化しようという試みはTBSにしては気が利いてるし、
とりあえず「誰も死なない」正攻法の恋愛映画のようなので、
純粋に女優さんの魅力を堪能できるような映画になってると嬉しいです。
TBSでは「まだ」失敗していない土井裕泰監督と
登場人物の心情の機微を丁寧に描く吉田紀子さんの脚本なので期待できると思います。

関連記事 : NTT東日本 『ふたりの365日・夏』篇 (2010-08-07)
(P)ハナミズキ (2010-08-16)
ハナミズキ (上) (2010-09-01)
ハナミズキ (下) (2010-09-05)
福笑い - 高橋優 (2011-02-05)


nice!(1)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:テレビ

seesaa_plugin_qrcode_12062.png