So-net無料ブログ作成
検索選択

さまよう刃 [映画レビュー]

さまよう刃 [DVD]

[ DVD ]
さまよう刃
( TOEI COMPANY,LTD.(TOE)(D) / ASIN:B0032UAFEG )

『 さまよう刃 』
( 2009年 東映 112分 )
監督・脚本:益子昌一 出演:寺尾聰、竹野内豊、伊東四朗
          Official Wikipedia / Kinejun          

本作品のテーマについての表現を原作との比較で論じれば、そのメッセージ性は非常に弱くなってしまっていると評価しなければならないでしょう。ただし、著名な原作に真っ向から取り組んで、それを凌駕した映画というものは、古今東西、いまだかつて存在したことはなく、映像と活字というその表現の性質をまったく異にする媒体を同じ土俵で論じるのはそもそもナンセンスということになると思います。

原作がある映画を評価するに当たって重要なのは、活字で表現されたものを映像という媒体に変換することによって何を表現できたのかということだと思います。したがって、映画化にあたっては、原作に忠実に表現することが必ずしも正解ということにはならないと私は考えています。ましてや長編小説の映画化にあっては、原作のストーリーに忠実に作るなどという考え方は早々に放棄しなければならず、映画を原作との比較で論じようとするときは、製作者が原作のテーマや世界観を適確に理解して臨んでいるかどうかということを重視しなければならないと思います。そのような観点で本作に対する私の率直な印象を申し上げれば、益子昌一監督は原作が表現するテーマと真摯に向き合い、何を一番に表現しなければならないのかということについて、試行錯誤を繰り返したのは間違いないと思っています。

以下、東野圭吾氏のコメントの一部を映画公式サイトから引用。

この作品の映像化は困難であったろうと素人ながら想像する。
光も華もないストーリーなの
だ。
だが完成作を見て唸った。
さすがはプロたちだ。物語の本質を理解し、光の代わりに闇を、
華の代わりに毒を描くことに徹した作品に仕上がっている。
多くの人に見てもらい、何かを感じてもらえたらと思う。

引用終わり。

東野圭吾氏が本作の出来を「プロの仕事」と評価し、賞賛しているのは、本作が映画という映像メディアだからこそ伝わる何かを表現しているということなんだと思います。

クライマーズ・ハイ』(2008年 東映=ギャガ)のレビューでも、著名な原作を映画化することの難しさにはすでに言及していますが、長編小説を約2時間の映像で見せるにあたっては、エピソードの取捨と登場人物の統合およびキャラクターの改変などの作業が必須であり、技術的にはほとんどその部分が作品のクオリティの可否を決定付けると言っていいでしょう。

本作の主人公・長峰重樹(寺尾聰)のキャラクターを原作と比較すると、彼の犯罪被害者遺族としての感情は、極めて抑制的に描写されています。たとえば娘の遺骸と対面するシーンなどは、寺尾聰さんの感情を容易に表に出さない抑制の効いた芝居がかえって我々の心を揺さぶります。長峰はその後も原作とは比べ物にならないほど台詞は少なく、そのことが「さまよう刃」の不気味さを表現すると同時に、観客に犯罪被害者遺族の心情を想像する余地と機会を与えており、このことはどうしても説明的になりがちな活字メディアでは表現できない、視覚に訴える映像メディアならではの効能ということができるでしょう。

そして、本作の少年犯罪についての問題提起と少年犯罪被害者遺族の心情に対する観客の理解を補完する役割を担っているのが、警視庁捜査一課の刑事・織部孝史(竹野内豊)ということになります。本作における織部は、原作に登場する複数の登場人物の役割を統合する形で存在しており、言うまでもなく最も重要な役柄ということになります。長峰の心情表現を演出上敢えて希薄にしているだけに、我々は織部の目を通して本作が描く問題提起の本質を見ることになるわけです。実際、織部は捜査員という事件に関わる当事者の一人でありながら、少年犯罪が被害者遺族に落とす理不尽さを率直に感じ、その憤りを隠すことはありません。このあたりの織部の心情描写は、我々が持っている一般的な感覚を代弁する役割を担っており、本作が提示する問題の本筋に観客を誘導する役割を果たしています。

また、登場人物の改変という意味では、木島和佳子(酒井美紀)のエピソードを大幅に捨てている一方で、それを逆手に取る形で和佳子の父・隆明(山谷初男)に、原作にはない、あるいは原作とは正反対のきわめて重要な役割を担わせています。言うまでもなく長峰に猟銃を手渡すという部分がストーリー上大変重要なわけですが、実はそれよりも重要なのがテーマ表現上の役割で、長峰と同じく「一人娘の父親」としての心情が彼の一連の行動を支配しているわけです。つまり、ここにも長峰に対する同情の念というものが普遍的な感情であるということが表現されており、ただのペンションの親父が突如として長峰を幇助する役割を果たすところに、その普遍性が強調されていると言えます。

※ 原作では丹沢和佳子。

本作と原作との決定的な差異は、長峰の菅野に対する殺意が終盤にはそれ以外のものに変化していくところで、主演の寺尾聰さんが本編の出来について漏らした「腹立たしさ」や「後悔」といった心情はおそらくこの部分についての感慨だったと思います。原作との比較論評が避けられない作品において、益子昌一監督が敢えて長峰の心情に「変化」を付与したのは、フィルム・ノワールのようなただただ悲観的な結末を嫌った結果だと私は解釈しています。そのことは原作にはないラストシーンの存在からも推察できるところで、このラストシーンはある部分では弱くなってしまった原作が持つメッセージ性を十分に補っているものだと思います。

長峰に対する同情の末、少年犯罪が被害者家族に落とす理不尽な陰に苦悩するに至り、彼らに何の手も差し伸べてやれない警察の無力さを痛感した織部孝史が、菅野快児が裁かれる法廷の傍聴席にいるというシーンを最後に持ってきている意味は、本作が「物語の本質を理解し」て作られたものであることを如実に物語っていると言えると思います。先にも述べたように織部が少年犯罪についての世間一般の感覚を代弁する存在だったとすれば、この事件を傍聴席で最後まで見届けようとする織部の姿勢と意思は、当然我々も保持しなければならないものであるということになると思います。現実世界においては少年が関わった重大事件というものは、発生当初はマスコミによってセンセーショナルに持ち上げられますが、火の点いたマッチのように消えたらもうそれまでで、世間の関心は薄れていきます。このラストシーンは、そのような一般的感覚のもうひとつの側面への警鐘の意味が込められていると考えられます。

法廷の傍聴席でしっかりと前を見据えた織部の真剣な表情から、この事件を最後まで見届けるという強い意志が読み取れます。そしてこれがフェードアウトすると、長峰が雪の上を歩く足音のみが聞こえてきます。これは、長峰が本懐を遂げられなかった、あるいは娘を死なせた犯罪者の行く末を見届けることができなかった無念さを抱えて、未だに彷徨している様を想像させるものです。これも活字では描写不能な映画ならではの表現であり、益子昌一監督の非凡な演出力が感じられるまとめ方だったと思います。原作では夏だった物語の季節的舞台を冬に変換しているのは、演出上、物語全体の雰囲気作りに大きく貢献していましたが、このラストにも巧みに結実しているということになります。

本作の演出面について物語の世界観の表現という観点からもう少し言及します。以前、『花のあと』(2010年 東映)のレビューで頻繁に挿入される実景ショットが作品の世界観を表現するという意味ではその用を為していないと酷評したことがあります。それに比べ、本作の前半で頻繁に登場する東京の実景ショットは、それ単体でも美しいカットが多いし、東京や大阪といった大都市を舞台としたものが多い東野圭吾作品の世界観を適確に表現するものだったと思います。いまひとつ「人」の存在が感じられない無機質とも思える東京の風景は、少年犯罪の被害者家族の心情を裏打ちするような役割を果たしていて、撮影監督の王敏氏の実力が遺憾なく発揮されている部分だと思います。

そして、作品の世界観の表現という観点から、絶対に無視できないのが劇中音楽の存在でしょう。川井憲次氏の音楽は、東野圭吾氏が「光の代わりに闇を、華の代わりに毒を」と評したように退廃的な要素を持つ本作の陰の部分を表現すると同時に、サスペンス的要素を大いに盛り上げています。聴く者の心の芯に響いてくるような川井氏の音楽は実に特徴的で、特に本作のような観客の心情に直接訴えかけるようなテーマを表現する映像作品では、その劇中音楽としての効果を遺憾なく発揮してくれます。川井憲次氏は日本における劇伴作曲家の第一人者だと思っています。

~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~

私がこの映画を改めて観てみようと思ったのは、ユナイテッドシネマでリバイバル上映されていたことと、現在フジテレビで放送されているドラマ『流れ星』を観て、竹野内豊さんのお芝居をもう少しちゃんと拝見してみたいと思うようになったからです。『流れ星』のレビューでそのお芝居を「新しいステージに到達した」という表現をしましたが、本作での竹野内さんのお芝居は、目下放送中のドラマにおけるお芝居と比して、物足りない印象を覚えてしまったのは否めないところです。ただ、本作に出演している俳優さんたちが一様に抑制の効いたお芝居を披露しているのは特筆すべき要素であり、竹野内さんがベテランの寺尾聰さんや伊東四朗さんのお芝居に大いに刺激を受けたということは想像に難(かた)くありません。

私が『流れ星』のレビューで触れた「台詞の外側にある表現」というものは、そもそもテレビドラマではあまり必要とされない要素であり、ひとつひとつの絵をじっくり見せる映画でなければ成立しない表現ということになると思います。竹野内さんは本作で獲得した映画的なお芝居をこのドラマに持ち込み、それを宮本理江子さんの演出が巧みに引き出しているということはすでに触れたとおりです。竹野内さんは出演した映画の数は決して多くはありませんが、本格派俳優を目指すならば、映画出演のキャリアというものは必須の条件であり、その中でも良質の作品にめぐり会えたということは間違いありません。

竹野内豊さんが主演する来年2月予定公開の『太平洋の奇跡~フォックスと呼ばれた男~』(東宝)が俄然楽しみになってきました。平山秀幸監督は、『必死剣鳥刺し』(2010年 東映)を撮った方ですが、役者さんのお芝居を正面から真摯に撮ってくれる監督なので、今の竹野内さんの魅力を存分に引き出してくれるでしょう。

総合評価 ★★★★★
 物語 ★★★★★
 配役 ★★★★★
 演出 ★★★★★
 映像 ★★★★★
 音楽 ★★★★★


nice!(2)  コメント(2)  トラックバック(2) 
共通テーマ:映画

nice! 2

コメント 2

めい

ジャニスカさん、こんにちは。お久しぶりです。
この映画、今日まで、正直残念な作品と思っていました。
今日、ジャニスカさんのレビューを読ませていただき、もう一度観てみました。
2年前、映画館で覚えた、?や違和感は、映像と長編小説の表現の違いが、私に理解出来ていなかったからだとわかりました。今日、この映画の良さを理解でき、うれしい気持ちです。作り手の皆さんが一生懸命作られた作品ですから、わたしの勘違いで終わっては、それこそ残念です。
言葉はなくても、そこに感情があり、風景や足音、音楽など映像には観るものに感じさせる何かが表現されてることを、あらためて、ジャニスカさんから教えていただいたと思います。
by めい (2011-10-10 13:27) 

ジャニスカ

めいさん、こんにちは。誤解が解けてよかったです(^^)。
ただ、本文に書いてあることは「私の解釈」ですので、
めいさん自身が最初に感じたことも大事になさってください。
作り手が意図したことが受け手にちゃんと伝わらなかったのだとしたら、
それは作り手の力量不足ですから、彼らが反省すべきことです。
一方で、受け手は受け手で想像力を駆使することを放棄してはならないとも思います。
想像力をそれほど必要としない表現はテレビの領域であって、
映画は受け手にもそれなりに想像力を要求する表現だということを忘れてはなりません。
テレビとの線引きが曖昧になっている映画だっていくらでもありますけど、
私たちはそれを見極める目を養っていかなければならないと思います。
その意味ではこの作品は正真正銘の映画だったと言っていいでしょう。
映画文化とは映画が大量生産されることで成立するものではありません。
受け手の目が肥えることで真の映画文化の成熟が成し遂げられるんじゃないでしょうか。

ちょっと話が大げさになってしまいましたけど・・・(^^;、
作品の表面だけを見て「おもしろい」「つまらない」を判断するのはもったいないですよね。
想像力を駆使して作品世界に積極的に飛び込んでいく姿勢を忘れずに持ち続けていきましょう!

by ジャニスカ (2011-10-10 19:19) 

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 2

この記事のトラックバックURL:

seesaa_plugin_qrcode_12062.png