So-net無料ブログ作成
検索選択

実録・連合赤軍 あさま山荘への道程 [映画レビュー]

実録・連合赤軍 あさま山荘への道程 [DVD]

[ DVD ]
実録・連合赤軍 あさま山荘への道程
( CCRE / ASIN:B001MSXHN6 )

『実録・連合赤軍 あさま山荘への道程』
(2008年 若松プロダクション=スコーレ 190分)
監督:若松孝二 脚本:若松孝二、掛川正幸、大友麻子 出演:坂井真紀、ARATA
          Official / Wikipedia / allcinema
          

2009083101.jpg
(C) 若松プロダクション

まず前提としてこの映画はドキュメンタリー映画に近い作品と位置づけた上でレビューを書かせていただきます。いわゆる「昭和史」に疎い人には「なんのこっちゃ」ということになること間違いなしだと思いますが、そもそもそういう方がこの作品を手に取ることはないと思いますし、逆に「昭和史」に興味を持った方には避けて通れない作品ということになると思います。

私は、私の世代の多くの人たちがそうであるように「あさま山荘事件」そのものは知っていても、それがどうして起こったのか、あるいはどういう意味を持っているのかについて考える機会はそう多くはありませんでした。私がこの映画に興味を持ったきっかけは、前にレビューで取り上げた『クライマーズ・ハイ』の原作に「大久保・連赤」というキーワードが頻繁に登場することからでした。連合赤軍による「あさま山荘事件」が長野県軽井沢の別荘地でおきたことは知っていたので、群馬県との関連がわからず、調べていたところ、「山岳ベース事件」の存在を初めて知りました。

そして「山岳ベース事件」を主に描いた『光の雨』(2001年 シネカノン)という映画の存在を知り、早速手に取りました。この映画は、「一連の連合赤軍事件を題材にした映画を撮影する若者たち」を描くという変わった手法を採っており、一連の事件は「劇中劇」として描写されていきます。劇中劇と映画を作る若者たちの話を行ったり来たりするので、途中混乱することもしばしばでしたが、観終わってからこのように複雑な構成にした意味がよくわかりました。

20世紀の若者が引き起こした連合赤軍事件は、21世紀の若者がイメージするには、時代の空気が現代とは余りにもかけ離れていて、疑問符でしか表現できないような事実だと思います。『光の雨』はそれを前提に作られた映画であって、「劇中劇」を演じる若者たちは、率直に連合赤軍が起こした一連の事件を理解できないものだとしながらも、そのような歴史的事実が現実に起こったことについては受け入れていきます。彼らの目というフィルターを通すことにより、あの衝撃的な事件に対する我々の印象は和らぎ、我々が歴史的事実をより良く理解する一助となっています。

それに対して本作は、「実録」のタイトルが示すとおり、当時のニュース映像を交えながら、当時起こったありのままを歴史的事実に沿って淡々と描いていきます。そのため本作は3時間超という大長編作品となっており、登場人物の多さと事件の複雑さから、予備知識がまっさらな状態では、観ているのは苦痛でしかないと思います。

連合赤軍事件及び本作を理解するためには「総括」というキーワードをまず理解する必要がありますが、本作では「総括」の客観的定義が説明されることはありません。原田芳雄さんによるナレーションは歴史的事実を淡々と語るのみで、それぞれの事実に深く踏み込むことはありませんし、登場人物による回想や心情の吐露といったものもありません。したがって、本作は非常に難解な作品であり、歴史の教科書の映像化と言えばわかりやすいかもしれません。逆に言えば映像によって歴史の勉強ができるのであって、そのことによって本作を否定するものではありません。

我々は、本作の対極に『光の雨』という作品が存在することを喜ばなければなりません。『光の雨』の登場人物は連合赤軍の若者の気持ちを理解しようと必死に演じようとしてくれています。私は本作を観る前に『光の雨』をご覧になることをお勧めします。また、本作を観るならば、観た後に関連書籍を読んで勉強するような意欲と興味がないと観る意義はないと思います。その意味では本作は非常に敷居の高い作品ということになります。

「映画」として評価するには難しい作品です。

総合評価 ★★☆☆
 物語 (ほぼノンフィクションにつき評価不能)
 配役 ★★★☆☆
 演出 ★★★☆☆
 映像 ★★☆☆☆
 音楽 
★★☆☆☆

※このレビューは、私がYahoo!映画のユーザーレビューに投稿したものをより多くの人にご覧頂けるように加筆・修正して転載したものです


nice!(1)  コメント(4)  トラックバック(0) 
共通テーマ:映画

nice! 1

コメント 4

learned-helplessness

突然失礼します。とても素敵なブログなので、コメントしたかったのですが、僕の観ている映画がこの作品くらいしか思いつかなかったのですw

本作&若松孝二作品についてのご指摘はかなりの部分を共有しています。ただ、若松監督というか、この作品を一つだけ弁護してみます。
若松監督のキャメラは確かにある意味乱暴です。視点を提示しつつ視点の意味を理解していないというか。ただ、映画ではそういう無批判なキャメラがうっかり撮ってしまったショットがとても美しいということが起こりえます。特に本作やいわゆるドキュメンタリー作品として流通しているものに顕著です。
例えば(日本映画でなくて恐縮ですがw)トリュフォーの「大人は判ってくれない」のラスト、ジャン=ピエール・レオーが逃げ出してきて浜辺で途方に暮れ立ち尽くしている表情をとらえたキャメラには、演出の要素がほとんどありません。ですが、ヌーベルヴァーグ的な意味においても、また、映画の虚構性もしくはリアリティという問題設定においても、特筆すべき瞬間を「うっかり」撮ってしまったショットだと思います。
また、これは独断に近いですが、マキノ雅弘のたとえば「次郎長三国志」シリーズ、特に森重久彌扮する森の石松の立ち回りのシークエンスは、マキノがほとんど一発OKを出していたという証言もあり、ほぼ即興演出として見事に魅力的な活劇を描いたものと言えるかもしれません。
まあ、僕も本作を評価しないのですがw
by learned-helplessness (2010-11-18 14:16) 

ジャニスカ

learned-helplessnessさん、コメントありがとうございます。

このレビューを書いたのがもう1年以上前で、今ひとつ何を書きたいのかが定まっていなくてちょっとお恥ずかしいところです・・・(^^;。

若松孝二監督のインタビューを何度か拝見したことがありますが、私のようなにわか映画ファンには想像もつかないような映画演出に対するポリシーをお話なさっていて、本作においてもおっしゃるようないい意味でのアクシデントを期待するような撮影手法を採用している可能性は十分に考えられると思います。ただ、正直なところこの映画については、やたら長かったこととARATAさんの存在を初めて知ったことぐらいしか覚えていません(^^;。

私はこの時代のことは本や映像で知識を得なければならない世代ですが、この映画を観てアジテーションの場面などはあんなものだったんだろうと刷り込まれてしまったんですが、そういうわけでもないんですね。「時代」を知るにはそれなりの存在価値のある映画だと思っていたんですが。

最近のレビューは、ますますマニアックな度合いを強めていて、読まれた方がどのような感想をお持ちなのか計りかねているところですが、もし私がこれまでレビューを書いてきた作品をご覧になられる機会がありましたら、是非またお立ち寄りくださいませ。。。

by ジャニスカ (2010-11-18 22:02) 

learned-helplessness

コメントありがとうございます!
実は僕も若松氏のトークイベントを拝見したことがあります。しかも内田裕也氏とのセットでw
どちらかというと「陽」の内田氏と、「陰」の若松氏という印象でした。
僕も連合赤軍及び60年代学園紛争の終結の場面にいた人間ではないです。
なので貴重な資料という意味付けもあってみたような記憶がありますね。
歴史の流れとか、情報を仕入れる意味ではもちろん有益だと思いますが、映画を観るからにはやはりそれ以上の描き方を期待するものでwそういう切り込み方があまりなかったのではないかなと思います。

最近の映画やドラマのカット割りと申しますか、技法の考察について、すごく面白かったです。ドラマも長まわしを意識してるんですね。観てはいないのでコメントする立場になかったです。またぜひ拝見させていただきます!
by learned-helplessness (2010-11-19 12:59) 

ジャニスカ

learned-helplessnessさん、こんばんは。
映画なんだから「事実以上のもの」を感じ取りたいというお気持ちはよくわかります。私も映画やドラマを観るときはその作品が表現している「テーマ」を汲み取ることを第一義としています。この映画は、そんなことよりも「こういう時代があったんだぞー!」という映画ですよね。

カット割なんてかなりマニアックな視点ですけど、楽しんでいただけて嬉しいです。あそこまでの長回しはドラマではなかなかお目にかかれませんから、是非取り上げておかなければと思いました。「流れ星」というドラマは演出的にも俳優さんのお芝居においてもとてもクオリティが高い作品です。時間がありましたら是非ご覧になってみて下さい。

またお待ちしています!
by ジャニスカ (2010-11-19 22:02) 

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0

seesaa_plugin_qrcode_12062.png